269件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

スギノマシン、CNFの技術資料公開 熱分解特性を解説 (2022/1/26 素材・医療・ヘルスケア)

【富山】スギノマシン(富山県魚津市、杉野良暁社長)は25日、セルロースナノファイバー(CNF)の熱分解特性を解説した技術資料(テク...

展望2022/日立造船社長・三野禎男氏 アフターサービス伸ばす (2022/1/25 機械・ロボット・航空機1)

『ポスト・ゴミ焼却』として、例えば、ゴミを熱分解して燃料ガスを取り出すなど、新しいゴミ処理技術を開発しなければならない」 【記者の目/収益力向上がカギ】 ...

住友化学はマイクロ波化学(大阪府吹田市)と連携し、メタンを直接熱分解して水素を製造する「ターコイズ水素」技術の開発に着手した。... 住友化学などは電気の利用効率の...

パワーモジュールの小型化や高集積化に伴う放熱が課題ととらえ、対応する磁性材料や熱制御材料などを示した。... 改質触媒や太陽光の集熱による水熱分解などに寄与する技術などを取り上げた。 ...

今回、CFRPの製造工程で生じる端材や廃材の回収で一般的に用いる「熱分解法」と「溶媒法」のそれぞれの長所を生かした独自技術を用いる。... また、一般的な熱分解法と比較し、少ないエネルギーで炭素繊維を...

重工大手 カーボンリサイクル始動(中)IHI 部門統合の新組織 (2021/12/15 機械・ロボット・航空機1)

これまで低級オレフィンを製造するには原油由来のナフサを熱分解していた。... メタネーションの設備で発生した熱を、アミン吸収液の加熱に利用し、CO2の放散に役立てることができる。

検証2021/化学、廃プラ再生 段階ごとに相手選択 (2021/12/14 素材・医療・ヘルスケア2)

廃プラの熱分解油をナフサクラッカーに投入し、通常の石化製品と同じ工程で化学品やプラを生産する。

三菱ケミカルは9日、米アジリックスコーポレーションが持つ独自の熱分解技術を用いて、アクリル樹脂を解重合するケミカルリサイクルの実証実験に成功したと発表した。... 同実験で得られた分解物は、従来製法で...

その結果、エチル基を持つ炭酸エステルは熱分解反応が低温で進行するため、メチル基のみの炭酸エステルより着火しやすいことが分かった。

サントリー、植物由来原料100%のペットボトル開発 製品化へ (2021/12/6 建設・生活・環境・エネルギー)

非可食のウッドチップから熱分解と触媒反応により、ワンステップでペットボトル原料「パラレキシン」を生成する技術を開発。

旭化成、廃プラ由来材でタイヤ用ゴム 低燃費向け (2021/11/25 素材・医療・ヘルスケア2)

シェルは廃プラ由来の熱分解油やバイオマス原材料をナフサクラッカーに投入し、ブタジエンを含むオレフィンを生産する。

三井化、マイクロ波化学と連携 混合プラ再生で新技術 (2021/11/19 素材・医療・ヘルスケア)

マイクロ波で廃プラを熱分解して原料モノマーに戻す技術で、一般的な方法に比べ工程が少ない。... リサイクルの難しい混合プラ「自動車シュレッダーダスト」や「熱硬化性シートモールディングコンパウンド」を対...

日鉄、来年度から順次廃プラ処理2割増 (2021/10/4 素材・医療・ヘルスケア)

減容成形機を改造して、狭い口から効率良く絞り出す技術と、絞り出す際の摩擦熱の温度を適切に制御できる技術だ。 ... 熱分解処理をした後はコークスのほか、プラ原料となる炭化水...

三菱ケミカル 変革への道(1)ベーシックマテリアルズ (2021/7/28 素材・医療・ヘルスケア)

基礎原料のナフサを熱分解して生産するエチレンやポリエチレンなどの汎用的な樹脂、製鉄用コークスを展開する。... 英ムラ・テクノロジーの超臨界水技術を用いて、熱分解よりも高い収率で廃プラを油化し、プラや...

多様なプラを分解できる英ムラ・テクノロジーの超臨界水技術を導入する。従来の直接熱分解技術に比べ、リサイクル生成油の収率を高められるという。... 同事業所でのナフサ分解によるエチレン生産能力は年56万...

DXの先導者たち(36)トライエッティング (2021/7/15 電機・電子部品・情報・通信2)

熱分解を含む化学反応で製薬原料用の結晶系材料を生産する工場では、環境条件が異なる炉の製造プロセス条件プロファイルや最終生成物の収率などの教師データをAIが学習。

エア・ウォーター、長野のトマト農園で「トリジェネ」開始 (2021/7/2 建設・生活・環境・エネルギー)

エア・ウォーターは1日、長野県安曇野市のトマト農園内で地域の未利用木材を使うバイオマス発電設備(写真)から生まれる電気、熱、二酸化炭素(CO2)を有効活用する「トリジェ...

ハイドロPRS技術は、高温高圧の超臨界水の中で複合プラを含む多様なプラを分解し、ナフサなどの代わりに化学品や燃料油の原料となる「リサイクル生成油」を製造する技術。従来の直接熱分解技術に比べ、高い収率で...

アルパ(大阪市平野区、中村信一社長)は熱分解炭化装置「PWCD」について、電気熱を利用した「BOX」タイプ(写真)を開発した。熱分解に従来のガスを使わず電気熱を利用し、...

ナフサの代替原料として廃プラを熱分解した油をナフサクラッカーに投入し、通常の石化製品の生産プロセスで化学品やプラを生産する。... 同リサイクルの実現には、リサイクル業者や熱分解油の製造パートナー、川...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード
第6版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード 第6版

技術士第二次試験 
「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策
第2版

技術士第二次試験 「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策 第2版

認知症家族に寄り添う 
介護しやすい家づくり
みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

認知症家族に寄り添う 介護しやすい家づくり みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

入門 物流現場の平準化とカイゼン
ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

入門 物流現場の平準化とカイゼン ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

本当に実務に役立つ 
プリント配線板のエッチング技術
第2版

本当に実務に役立つ プリント配線板のエッチング技術 第2版

スマートシンキングで進める工場変革
つながる製造業の現場改善とITカイゼン

スマートシンキングで進める工場変革 つながる製造業の現場改善とITカイゼン

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる