231件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

【松山】三浦工業は純水を製造する「純水ユニット」で、80度Cの熱水殺菌が可能な製品(写真)を発売した。... 原水タンクを加温せずに最小限の純水を回路内で加温する方法を採用することで、一般的な熱水殺菌...

傾斜計データなどから、18年1月の本白根山噴火時の火山内部における熱水の動きなどを解析した。 ... 割れ目は地下2キロメートル付近に存在する熱水貯留域の熱水と地表をつなぐ位置にあっ...

海底熱水鉱床・集積港・海象、DB連携 海上技術安全研究所の中島康晴上席研究員らは、海底鉱物資源開発の事業性を計算する計画支援ツールを開発した。... 海底熱水鉱床のデータベース(DB...

有人潜水調査船「しんかい6500」の映像を基に熱水地帯の3D地図を作成。... 実際に熱水地帯のカルデラ地形や熱水チムニーの3D化に成功した。

地熱発電では地中の熱水に由来する蒸気でタービンが回転するが、経年変化に伴って蒸気の条件が最適な設計から乖離(かいり)する。... 例えば熱力学的性能の低下を遠隔監視し、必要な点検・保守計画の策定につな...

人が感じない地中の微小な揺れの変化から熱水流動を推定する。... 産総研は熱水が地下をごくわずかに破壊しながら流れることで発生する微小地震の観測により熱水流動を明らかにしてきた。 ....

竹中、岐阜・奥飛騨で地熱発電稼働 温泉活用、地域と協働 (2021/4/21 建設・生活・環境・エネルギー1)

発電には温泉の熱水や蒸気を熱交換し、低沸点の媒体を気化してタービンを回すバイナリー方式を採用。熱交換器を選定する自由度が高く、冷媒を直接蒸気で加熱できる蒸気熱源向け小型バイナリー発電機の導入で、蒸気に...

中核事業は子会社の「テス・エンジニアリング」(旧商号は阪和熱水工業)が手がける。

氷期に大陸の氷床(氷塊)が発達し海底の熱水活動が活発になることを示した。... その影響で海底熱水活動が活発になり、熱水に含まれる低い同位体比を持つOsが大量に海洋に流れ込むことを示した。 &...

三菱重工、比地熱向けバイナリー発電受注 (2021/2/4 機械・ロボット・航空機)

三菱重工業は3日、イタリアのグループ会社のターボデン(ロンバルディア州)と三菱パワーが、地熱発電の排熱水を活用するバイナリー発電の設備をフィリピンで受注したと発表した。... 未活用の排熱水を生かした...

日本周辺の海底には、メタンハイドレートなどの海洋エネルギーや、鉱物資源(海底熱水鉱床、コバルトリッチクラスト、マンガン団塊、レアアース泥など)の存在が確認されている。

非鉄、再生エネ転換加速 温暖化対策に動く (2020/9/22 素材・医療・ヘルスケア)

また、鉱山開発で長年培った地下資源探査・開発技術を基に、地下から蒸気や熱水を取り出して発電する地熱発電事業の拡大を進める。... これに加え、Jパワーと三菱ガス化学と3社共同で調査・建設を行ってきた山...

【名古屋】日本メナード化粧品(名古屋市中区、野々川純一社長、052・961・3181)は、高温・高圧状態の水である亜臨界水を使ってマンネンタケ科のキノコ「霊芝(れいし)=写真」から抽出したエキスに、血...

地表からの雨水は数十年をかけて岩石の割れ目を通って浸透し、マグマだまりの熱によって高温・高圧の熱水となり、地熱貯留層が形成される。 ... フラッシュ発電は地熱貯留層から約200度&...

東京大学とパナソニック、東京工業大学、神奈川県立産業技術総合研究所の研究グループは、100度C以下の低温の熱水廃熱を長期間蓄えられる蓄熱セラミックスを開発した。... 発電所や工場廃熱の有効利用のほか...

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は、鹿児島県奄美大島沖に有望な海底熱水鉱床「天美サイト(仮称)」を発見した。... これまで海底熱水鉱床の存在が確認されていない奄美大島沖で発見され、沖縄...

高温・高圧状態の水を使う特殊な抽出法「亜臨界水抽出」を利用する。... 今回、亜臨界水の温度や圧力、時間などを制御することで、一般的な熱水抽出より高濃度でβ―グルカンを抽出することに成功。抽出したβ―...

井上一信執行役員新事業開発・熱利用事業本部長は20年度を実質的な販売初年度と位置付け、「20台以上の販売を目指す」と意気込む。 産業用ボイラのトップメーカーとして存在感を示す三浦工業...

地下から熱水が噴出する「熱水噴出孔」に存在する鉱物が化学反応を進める触媒として働き、水素と二酸化炭素(CO2)から有機物が合成された。... 研究チームは、熱水噴出孔に存在する天然鉱物に着目。

傘下のグリーンラボ(福岡市博多区)は水耕栽培装置と遠隔管理システムによる農作物生産の仕組みを構築。... 「エネルギーを生む場所で消費できる環境を」と企てる過程で生まれたのが、ビニールハウス内で水耕栽...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる