7件中、1ページ目 1〜7件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

新社長登場/ヤマト・町田豊氏「生産性向上で事業最適化」 (2016/7/20 建設・エネルギー・生活2)

《理研グループを源流とする1945年に創業のエンジニアリング会社の未来を託された。

理化学研究所は113番目の新元素の名称の候補として公表された「ニホニウム(Nh)」について9日会見を開き、研究責任者の森田浩介理研グループディレクター(九州大学教授兼任)は「日本発の新元素が周期表の中...

(木曜日に掲載) ≪企業概要≫ 理研グループの流れをくむエンジニアリング会社。1945年に理研工業前橋製作所から分離・独立し創業、翌年大和工業を設立。

理研の森田浩介グループディレクター(九州大教授兼任)らは2003年から、亜鉛(原子番号=陽子数30)の原子核を加速してビスマス(同83)の標的に衝突させ、完全融合させる実験を始めた。 ...

上田泰己東大教授(理研グループディレクター)らが開発したマウスの全身を透けたように見せる透明化技術(用語参照)を利用。... 03年理研チームリーダー。... 11年グループディレクター。

理研発生・再生科学総合研究センター(神戸市中央区)の高橋政代プロジェクトリーダーは12月、都内でのシンポジウムでこう述べ、臨床研究を通じてiPS細胞を使った再生医療の安全性を示すことの重要性を説明した...

理化学研究所の研究グループは、廃棄物処理場など劣悪な環境に生息する「ヒョウタンゴケ」に注目し重金属の鉛を回収することを発見した。... 「鉛は細胞壁に、金は葉緑体にトラップされているがなぜそうなるのか...

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる