75件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

進出企業と地元住民で自然環境の再生・保全を―。... 企業のSDGs(国連の持続可能な開発目標)、ESG(環境・社会・統治)投資が注目される中、この「環境共生型の工業団地」を新しい時代のビジネスモデル...

同万博は自然環境を尊重する姿勢を養い、環境共生型社会の実現を目指すというコンセプトのもと開催された。  ... 外部空間においては、地面が持つインテリジェンス(知)をテーマにした「ス...

挑戦する企業/三井不動産(11)課題解決型の街づくり (2019/11/21 建設・生活・環境・エネルギー1)

課題先進国・日本が直面する環境共生と健康長寿、新産業創造の3テーマを軸に据え、街づくりの視点から最適な“解”を示す。

大丸有環境共生型まちづくり推進協会、エコシステム形成で新組織 (2019/8/20 建設・生活・環境・エネルギー)

大丸有環境共生型まちづくり推進協会は東京の大手町・丸の内・有楽町地区でイノベーションエコシステムの形成を目指し、産官学でつくる「東京丸の内イノベーションプラットフォーム」(TMIP)を発足した。

東京きらぼしフィナンシャルグループは東京都が募集した「インキュベーションHUB推進プロジェクト」で、大丸有環境共生型まちづくり推進協会(伊藤滋理事長=東京大学名誉教授)と共同提案した創業支援に関する事...

三菱地所、大丸有環境共生型まちづくり推進協会(東京都千代田区)と共同でクルソグ実行委員会を立ち上げ、4カ月間にわたって実施する。

三菱地所と野村総合研究所、大丸有環境共生型まちづくり推進協会(エコッツェリア協会)は27日、東京・丸の内エリアの企業と従業員を対象に、情報通信技術(ICT)を活用して働き方改革と健康経営を両立するサー...

新本社工場は、外壁に2重ガラス壁を多く採用し外光を生かすなど環境に配慮し、エネルギー効率を3割程度向上させる。... 同社の北側には、狭山茶で名高い広大な茶畑が望めることから「茶畑の中に建つ環境共生型...

この中で培った技術で「都市機能の高度化と環境共生を実現するスマートエネルギーネットワークを展開する」(吉岡朝之執行役員都市エネルギー事業部長)方針だ。

「環境共生都市」「健康長寿都市」「新産業創造都市」という三つのコンセプトを掲げ、課題解決モデルを模索している。 ... 幸い、わが国はかつての環境対応でみせたようなしたたかさを併せ持...

また他都市に先駆けて国から「環境未来都市」に選定されるなど、環境分野の先進的な取り組みも多い。 本学はこの環境都市・北九州の大学として、エネルギーや公害問題克服といった世界に誇る持続...

アジア随一のクオリティー産業都市に向けて「環境共生型先端工業都市」「国際産業振興都市」「起業家育成都市」を目指す。

これを機に環境教育研究に加え、環境政策にも研究領域を広げていく。 ... 一方、中核となる環境教育では国内だけでなく、台湾の育達科技大学と連携して、現地で環境学習の普及に着手。......

茂木経産相は地域節電所(CEMS)、環境共生マンション、FCVから住宅への給電を相次いで見て回り「地域が一体となってエネルギーマネジメントを進めるのは大事だ。

【福岡】西日本鉄道は省エネと防犯、環境共生を複合化した一戸建て住宅団地を建設する。... また風や光など自然環境を取り込みやすい構造とし、省エネ効果を向上。

相模原市は21、22の両日に相模原市立環境情報センター(相模原市中央区)で「平成26年度中小事業者省エネルギー対策等支援事業」の説明会を開く。... 問い合わせは環境経済局環境共生部環境政策課(042...

走行能力などを確認しつつ、「まずしっかりとした搭乗マニュアルを作るなど、安全面の確保からはじめる」(環境局環境共生部環境未来都市推進課)としている。... 特区事業の推進で環境未来都市を目指すさいたま...

エネルギー対策は13年度から3年間で実施する再生可能エネルギー導入促進事業の財源として、市の環境共生市民協働事業基金に7億円を積み立てる。

電気自動車(EV)用の急速充電器や蓄電池、燃料電池自動車用の水素供給設備などと、太陽光パネルや自家発電装置といった創エネ設備を兼ね備えた拠点で、「災害時に交通網などが早期復旧できるようにする」(市環境...

「今後、ほかの場所についても民間事業者による設置を促したい」(環境共生部環境未来都市推進課)としている。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる