1,692件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

特許管理システムは、企業の研究開発部門で生まれたアイデアの発明申請から、国内外での特許出願、手続き書類、特許の有効期限、費用支払い計画などを一元管理する。

その大きな要因の一つが、トンネル磁気抵抗(TMR)素子の発明による磁気ヘッドの性能向上である。

コミュニケーションツール自体が海外製であっても「電話がグラハム・ベルの発明だから日本人が不利益を被ったわけではない。

加藤先生はフェライトの発明者。

【スモールデータ】 炭素繊維や青色発光ダイオード(LED)をはじめ、20世紀に世界を大きく変えた物質・材料の多くは、発明から実用化までに数十年におよぶ歳月を要してきた。

座右の銘は日清食品創業者の安藤百福氏の言葉、「発明はひらめきから。... 執念なきものに発明はない」。

フィッシャーは、ドイツでは創始者のフィッシャー氏が発明した製品で有名で、世界35カ国に従業員5000人以上を有する企業だ。

日本発明振興協会(石井卓爾会長、03・3464・6991)と日刊工業新聞社共催の「第45回(2019年度)発明大賞」に22件の発明が選ばれた。発明大賞は発明考案を通して産業の発展や国民生活の向上に寄与...

「発明大賞」決まる (2020/3/6 総合1)

日本発明振興協会と共催で実施した「第45回発明大賞」の受賞製品・技術が決まりました。最高位の発明大賞本賞はタッチエンス(東京都台東区)が受賞し、計22件が入賞しました。

特許は誰がいつ発明したかでなく、誰がいつ出願したかという先願主義であり、出願した日時が勝負となる。

婦人発明家協会(東京都文京区、福島理恵子会長、03・3812・9661)は、発明コンクール作品展「第53回なるほど展」(日刊工業新聞社など後援)の受賞作品を決定した。... 今回、例年実施している発明...

米海軍研究所、知財ソフト導入 (2020/2/26 国際・商社)

組織の多岐にわたる知財ポートフォリオには、レーダー、通信、画像化、ナビゲーションに関連する発明など数千の特許が含まれている。

ロボットメーカーとの共同開発につないでいく」 【記者の目/県・協議会一体の対応が必要】 高橋会長は福島大学発ベンチャーでロボットハンドシステムの発明や同大でヒト支援...

創業者の橋本精士氏が病院勤務の経験から「水がきれいであれば」と考え、素焼き濾過筒(セラポア)製造方法を発明し、同社を設立。

【山形】山形県は産業人材の育成・確保に向けて、スタートアップ(創業)人材や県内少年少女発明クラブの組織運営強化などを一体的に取り組む「山形の未来を担う産業人材創出事業」を新たに進める。... 成長が見...

草刈り機や耕運機はモーターや電気が発明されていない時代には存在しなかった。現在、発明品はモーターや電気だけではない。CPU、センサー、人工知能(AI)、ネットワークなど、多くの技術が発明され改良されて...

総論を執筆したアイデア(名古屋市)の片桐朝彦氏は、「『品質機能展開(QFD)』や『シーズドリブン品質展開(QD)』、『発明的問題解決理論(TRIZ)』などの体系的かつ実践的なツールや手法を開発プロセス...

人類は地球の自転や振り子などの天文現象やさまざまな周期現象から暦や時計を発明し、より正確なものへと進化させ、文明を発展させてきた。

今回初めて創設した総務大臣賞はIoT(モノのインターネット)プラットフォームSORACOMを事業化したソラコムに、文部科学大臣賞は構造たんぱく質素材の産業普及を進めたSpiber、経済産業大臣賞は電動...

資金の出し手は、発明者、あるいは、創業者自身か、その志に賛同するエンジェル投資家が一般的で、めでたく必要な資金が調達できると「試作品」がつくれるようになる。

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる