電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

725件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

国内で紙の需要が先細る中、紙おむつなどの海外事業拡大と研究開発投資の強化により、企業価値を高める。 ... 研究開発費は23年度比7・3倍の240億円、売上高研究開発費比率は同1・5...

テーマの絞り込みによる研究開発投資の削減で300億円、各地域での販売・サービス体制の見直しで100億円超、低収益事業の撤退・売却で20億円超などを見込む。

経営ひと言/NEC・森田隆之社長「防衛分野が好調」 (2024/5/2 電機・電子部品・情報・通信)

収益拡大と経済安全保障への貢献のデュアルで「長期的視点から(防衛関連の)研究開発投資を進めていく」と力を込める。

内閣府によれば、日本は民間部門の研究開発投資の約9割を大企業が担っているが、事業化されない技術の約6割が消滅しているという。産業創出や競争力の観点から研究開発成果を死蔵させずに活用することが大きな課題...

2部では省力化投資や人材育成の実態を盛り込み、成長投資やM&A(合併・買収)などの必要性を訴えた。足元では約9割の中小が投資行動に意欲的な経営方針を示しているという。 ...

三菱電機は26日、2030年度までの7年間でグリーン関連の研究開発投資に約9000億円を拠出すると発表した。機器の省エネ化や次世代パワー半導体のほか、再生可能エネルギー導入拡大に向...

投資額は約12億円で、早ければ24年内に着工する。... 草加工場は中核拠点として、設計・開発、特殊・標準品生産など計10棟で構成する。... 設備・研究開発投資の積極化や新市場の開拓により、企業価値...

人材育成に加え、設備投資やM&A(合併・買収)、研究開発投資の重要性を示した。... こうした状況を乗り超えるには、中小企業が意欲的に投資する姿勢が必要とした。... 具体的に...

マツダの毛籠勝弘社長は22日、都内で日刊工業新聞などの取材に応じ、当面の研究開発費について高水準を維持する方針を示した。... 24年3月期の研究開発費は前期比約13%増の1450億円を計画し...

日本フェンオールが新中計、3カ年でROE8% 事業集約し知見融合 (2024/2/23 素材・建設・環境・エネルギー)

また設備増強や新製品開発、人材確保・育成に向けた戦略投資として、3年間で48億円程度を振り向ける。直近3カ年の経営計画で予定していた投資額47億円と同水準だが、このうち研究開発投資を総額15億円と、前...

研究者の事業化意識必要に 研究開発における投資の構造やそのリスクを考えてみたい。... しかし、独創的な研究開発に関しては、この議論が難しい。なぜなら、研究開発投資を決める時点では、...

一方、26年12月期までの3年間で設備・研究開発投資約110億円を計画する。

新報国マテが新中計策定、29年度売上高100億円 設備投資20億円 (2024/2/12 素材・建設・環境・エネルギー)

6年間で従来比2倍の20億円を投資。... 積層造形設備の導入費用に6年間で4億円を充てるなど、戦略投資・研究開発投資を拡充。装置メーカーとの技術提携で独自の商品開発を進め、複雑形状品の一体化・軽量化...

協和キリンの前12月期、営業益11%増 くる病治療薬など好調 (2024/2/8 生活インフラ・医療・くらし)

研究開発費が前期比279億円増の1000億円を計画しているためだが、川口元彦財務経理部長は「持続的な成長に向けてしっかり研究開発投資を進める」とした。

宝HD、未利用資源から工業用アルコール 新興に出資 (2024/1/31 生活インフラ・医療・くらし1)

宝HDは今回の出資や協業を通じ、未利用資源からアップサイクルしたアルコールを用いた酒類製品の開発などに取り組む。 ... 今回の資金調達で研究開発投資の拡大や食品メーカー・化粧品メー...

展望2024/NOK社長・鶴正雄氏 既存技術で新事業創出 (2024/1/31 自動車・モビリティー)

その上で中国メーカーに対しては、早い開発スピードと安価なコストに対応できる開発・生産体制を整備する。... 中国内で完結できるような供給網、開発設計、モノづくりを現地メンバー主体に回し、リードタイムを...

ドイツ政府は昨夏、グリーン技術の開発や住宅のエネルギー効率化支援といった気候変動に関する一連の対策として気候変動基金(KTF)の予算案を発表した。... 財政均衡を譲れない財務相と二酸...

24年度の設備投資額は23年度見込み比約5%増の500億円規模になる」 ―研究開発投資の方向性は。 ... 全て自前ではなく、優れた技術を持つ企業への出資な...

財務分析(143)日本トムソン ROE7%達成視野に (2023/12/28 マネジメント)

今後も持続的成長や企業価値向上を目的に設備投資や研究開発投資を積極化する構え。

半導体材料の開発加速 化学メーカー、体制拡充 (2023/12/21 素材・建設・環境・エネルギー1)

三井化学や三菱ガス化学は、新たな研究開発拠点を整備。... 化学各社はもう一段の研究開発投資に乗りだし、需要を捉える考えだ。... こうした動きを踏まえ、研究開発拠点を拡充する動きも目立つ。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン