610件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

安藤ハザマなどで構成する山岳トンネル遠隔臨場支援システム開発コンソーシアムは26日、クラウド環境を活用した遠隔臨場支援システムを開発したと発表した。... 同システムは、内閣府の官民研究開発投資拡大プ...

医薬基盤・健康・栄養研究所と理化学研究所の研究グループは、患者の診療情報と網羅的生体分子情報(オミックスデータ)といった異種データから相関関係を抽出する新たな人工知能(AI)の開発に成功した。... ...

中国、大手育成に軸 米は「宇宙ロボ」 国際ロボット連盟(IFR)は主要国・地域のロボット関連の研究開発方針をまとめた報告書「ワールドロボティクス研究開発プログラム」を公表した。......

「差異化事業を中心に投資は広く行うが、足元で大きな成長を見込むのは情報通信技術(ICT)関連だ。... 「3カ年で新事業は急増しないが、研究開発投資や人員を拡充し、次の50年を支える製品を生み出せるよ...

「経営者が短期志向の投資家に視線を合わせるような動きがある」と指摘する。... 足元の利益より、未来を見据えた研究開発投資や設備投資を実施し、10年後の利益を創造するのが日本型経営の強みだ。... 株...

「足元は研究開発投資が先行する」と語るのは、日本製鉄副社長執行役員の森高弘さん。 1社だけで研究開発に5000億円程度、設備投資に4兆―5兆円程度かかると試算。... 「設備の実用化...

日立、25年度営業益1兆円 デジタル分野の成長加速 (2021/6/9 電機・電子部品・情報・通信1)

□  ■ 日立の東原敏昭会長兼社長が同日開催した投資家向け説明会で「今回仲間に入るグローバルロジックと各セクターのシナジー創出を加速する必要がある」と強調した。 ....

ダイキン、経営計画で8000億円投資 省エネ・デジタル推進 (2021/6/8 電機・電子部品・情報・通信1)

ダイキン工業は7日、2021―23年度に設備投資、研究開発投資、デジタル化に総計8000億円超を投じると発表した。18―20年度比で約40%増とし、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)に...

経営ひと言/ロート製薬・杉本雅史社長「タイムリーに」 (2021/5/24 素材・医療・ヘルスケア)

「ニューノーマルな時代を見据え、タイムリーな商品開発をやっていく」と話すのは、ロート製薬社長の杉本雅史さん。新型コロナウイルス感染症治療の足がかりとなる新薬開発に力を入れる。 ......

コロナ禍からの回復需要を取り込む一方、電動化など研究開発投資は継続して増加。... トヨタの近健太執行役員は22年3月期に過去最高を見込む研究開発投資の内訳をこう説明する。 ... ...

製薬8社の通期見通し、4社が営業増益 抗がん剤けん引 (2021/5/17 素材・医療・ヘルスケア)

武田薬品工業は、主力の潰瘍性大腸炎・クローン病治療薬「エンティビオ」が好調を維持するが、研究開発費を前年度比662億円増の5220億円まで増額することから営業減益となる。 ... ま...

1993年に国内で先駆けて開発したのが同社だ。... (随時掲載) 【投資会社の目線/名古屋中小企業投資育成 業務第二部・高橋まり奈主任】 業務用厨房機器というニッ...

4月は個別の判断項目のうち、設備投資に関する判断を2カ月ぶりに引き上げた。生産設備の過剰感は改善傾向で、機械投資を中心に持ち直している。2021年度の設備投資はソフトウエア投資や研究開発投資の増加が見...

デジタル変革(DX)を追い風に、産学で情報技術を駆使したデータ駆動型の研究開発が加速する。... バイデン政権では大型の研究開発投資が計画されている。... これで次に狙う実験領域が明らかになり、研究...

武田、研究開発に5500億円 新規候補物質6つ申請 (2021/4/8 素材・医療・ヘルスケア)

武田薬品工業は2021年度の研究開発費に5000億―5500億円を投じる。... 一方、22年度以降の研究開発投資は21年度ほど増えない見通しとした。 武田薬品はがん、希少遺伝子疾患...

また、今後5年間で研究開発投資として総額1兆5000億円を計上。ADCに優先的に投資する。... このほか、25年度には研究開発費控除前営業利益率40%、株主資本利益率(ROE)は16%以上、株主資本...

政府の研究開発投資目標を5年間で30兆円とし、これを呼び水に官民合わせて総額120兆円を目指す。... 第6期計画では、5年間で政府研究開発投資予算を30兆円に設定。官民合わせた研究開発投資の総額を1...

本法で政府研究開発予算を21年の4億ユーロ増から10年間で段階的に総額250億ユーロ(3兆1250億円。... 長期的かつ持続的な研究開発支援を図ることが狙いだ。 ... これにより...

財務担当の田中稔三副社長は「研究開発投資や配当などのバランスをとった上で21−22年の2年間でフリーキャッシュフローを優先的に借金返済に充てる」と説明する。

東洋エンジ、ROE10%目指す新中計、プラントで利益確保 (2021/3/29 機械・ロボット・航空機1)

その利益をデジタル変革(DX)や再生可能エネルギーなどの研究開発投資に振り向ける。 ... 中計期間の5年間累計で、情報通信技術(ICT)やDX関連投資に280億円、技術・事業開拓投...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる