1,960件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

原子力発電所の再稼働が進まない中、政府の温室効果ガス削減目標を達成するには再エネ比率を大幅に引き上げる必要があると主張している。 ... 東京電力福島第一原子力発電所の事故以降、経済...

福島・浪江町、LPG改質型燃料電池を26基導入 災害公営住宅に (2020/7/29 建設・生活・環境・エネルギー2)

【いわき】福島県浪江町は10月から入居が始まる新設の災害公営住宅26戸全てに、パナソニック製の液化石油ガス(LPG)改質型燃料電池(FC)を導入する。... 発電規模は700ワットで電力は各戸で消費し...

会津森林活用機構の渡部一也取締役は「会津地域で率先し皆伐・造林を進めて豊かな森にしていくことが、福島第一原子力発電所で被災した福島県に強く求められる」と指摘。... インタビュー/ノーリン社長・斎藤邦...

東京電力福島第一原子力発電所の廃炉を迅速化できる。... 福島第一原発の炉内は毎時1シーベルト以上と高線量で、リアルタイム線量計やサーベイメーターなど従来の放射線検出器は動作しない。 ...

【いわき】福島県飯館村は、地元森林を活用したバイオマス発電に乗り出す。... 飯館村は福島第一原子力発電所事故で一時は全村が避難対象となったが、現在は一部を除いて避難指示が解除されている。... この...

委員長には東京電力福島第一原子力発電所事故の国会事故調査委員長を務めた黒川清政策研究大学院大学名誉教授が就き、京都大学の山中伸弥教授が会場外からモニターで参加した。 席上、西村康稔経...

陸上風力発電基地実現など 【福島】福島県はエネルギー需要の100%を再生可能エネルギーで賄うことを目指す「福島新エネ社会構想」の第2フェーズを2021年度から10...

国産ロボットを生かし切れなかった福島第一原子力発電所事故の教訓もある。

原子力発電所周辺の放射線量の監視装置の配置計画などに役立てられる。 ... 原子力機構は大気拡散予測システム「WSPEEDI」を開発し、東京電力福島第一原子力発電所の事故での放射性物...

他機関と連携、貸付条件変更 古くは養蚕業で栄え、東北で最初に日銀の支店が開設された福島市にある福島信用金庫。... 全国の信用金庫ネットワークを生かした観光誘致、土湯温泉郷のバイナリ...

原子力機構、放射線汚染を短時間で測定 (2020/6/3 科学技術・大学)

日本原子力研究開発機構の廃炉環境国際共同研究センター(福島県富岡町)は、放射線源の位置が把握できるコンプトンカメラと3次元距離測定センサー(SD―LiDAR)の機能を組み合わせた統合型放射線イメージン...

福島第一原発排気筒、ロボシステムで解体完了 エイブル(福島県広野町、佐藤順英社長、0240・25・8996)は、東京電力ホールディングス(HD)から受託した福島第一原子力発電所の高さ...

東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故では文系学生が社会へ出て、地方に寄り添う活動をしてきた。... 学内ベンチャーはロボットで第1号が発足した。... 「福島県は福島第一原発の事故で未曽有の放射線...

電力新時代 変わる経営モデル(3)小売り競争 (2020/5/19 建設・生活・環境・エネルギー)

福島第一原子力発電所の廃炉資金の確保のためにも、小売り事業の成長は不可欠だ。

東電HD、使用済み核燃料取り出し実証 水中ロボ遠隔操作 (2020/5/18 自動車・機械・ロボット・航空機)

【いわき】東京電力ホールディングス(HD)は、福島第一原子力発電所の廃炉に向けて難関となる使用済み燃料プール内の核燃料取り出しに向けた実証を、福島県南相馬市の福島ロボットテストフィールドで行った。.....

福島県の森林資源の課題は、まず伐採期にある民有林の60%程度の皆伐(一定のまとまりを一度に全部伐採する方法)と、新苗の造林、福島第一原子力発電所事故で汚染された浜通りの森林をどう活用していくかだ。.....

【いわき】東京電力ホールディングス(HD)は1日、福島第一原子力発電所の排気筒(高さ120メートル)解体の全作業を完了する。... エイブル(福島県広野町)に委託し進めてきた。... エイブルが開発し...

前年に東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故があり、国内の電力事業だけでは会社の存続が難しいのではと危惧していたタイミングだった。

福島大と東電HD、廃炉技術開発で研究拠点 安全・着実に推進 (2020/4/27 建設・生活・環境・エネルギー)

福島大学と東京電力ホールディングスは、福島第一原子力発電所と福島大に廃炉技術開発研究拠点を設置した。福島第一原発の廃炉に資する研究を題目に、福島大の教員、研究者らの研究成果を廃炉技術に転換し、廃炉を安...

「21年に東京電力福島第一原子力発電所の廃炉工程の燃料デブリを試験的に取り出す作業が始まる。... さらに放射性物質であるセシウムの川から海への流入や土壌から川への移行などセシウムの動態調査や環境監視...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる