電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

12件中、1ページ目 1〜12件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

複数ロボ協調で照度測定 九電工と九大がシステム開発、作業効率化 (2022/12/29 建設・生活・環境・エネルギー)

スワーム(小型群)ロボットの仕組みを用いた。... ロボット活用により測定点を増やした上で時間短縮が可能になる。... CADデータやロボットによる自動測定で指定した空間の測定経路を自...

竹中工務店、建設現場向け小型群ロボを今夏実証 中央大と開発 (2022/3/16 建設・生活・環境・エネルギー2)

竹中工務店は中央大学と開発中の小型群ロボットを、夏をめどに建設現場で実証実験する。... ロボットは前進、後進、方向転回など単純動作をランダムに行う。... 今回の小型群...

近畿大学の閉鎖空間内高速走行探査群ロボットなどを展示する特別企画展も実施。

位置と向きが把握できれば、移動ロボットを制御できる。 ... 小型のロボットに搭載可能。高価なGNSSに比べてコストを20分の1程度に抑えられるため、小型ロボットを多数バラまいて連携...

北海道大学大学院理学研究院の角五彰准教授と関西大学化学生命工学部の葛谷明紀准教授らは、自発的に群れを作る群ロボットを人工分子で開発した。モーターたんぱく質とデオキシリボ核酸(DNA)、...

たくさんのアメーバロボが連携して仕事をする群ロボットのような制御理論が必要」と説明する。 ... 分子ロボット間での制御信号の広がり方や分子ロボットの役割分担を設計する必要がある。&...

製品設計や生産管理計画などソフトウエア群、ロボットや工作機械など設備機器群、調達先や外注先を含めて情報通信のハブとなる基盤を作る。

宇宙開発ベンチャーのispace(アイスペース、東京都港区、袴田武史社長)は、地球近傍天体での資源探査を担う群ロボットの開発を始めた。... さらに、ジグソーとロボット1000台規模の...

資源探査に使うローバー(探査車)や小さな昆虫型ロボットを10―100台程度配置し、データ取得などを通じて研究を進める。... ローバーや昆虫型ロボットが情報を共有しながら資源を探す群ロ...

従来も飛び上がりロボットや転がりロボットはあったが、ジョルボットは両方の機能を備えた。 ... 一方、サウサンプトン大の研究チームが開発中のロボットは、ハチやアリのように群がる「群ロボット」。...

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)はロボット開発プロジェクトの支援対象として、東北大学などの「閉鎖空間内高速走行探査群ロボット」を含む6件を決めた。... 村田機械などの「...

NEDOの「戦略的先端ロボット要素技術開発プロジェクト」では、被災建物の中を移動する「閉鎖空間内高速走探査群ロボット」を開発中だ。... そんな時、人に代わるのがロボット。... ノブを回しドアを開け...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン