電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

79件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

金融機関の営業担当者を主な聞き手とするマッチングイベントで京都・大阪・兵庫3府県のスタートアップの情報を一括で提供。

従来は聞き手の感性頼みだったことが、DSによって明らかになってきそうだ。

さらに、報告の目的と聞き手のニーズに焦点を当て、伝える側が「相手にとってどのような価値をもたらすか」という視点を持つよう、報告の目的を冒頭で述べてもらうのも効果的です。... 聞き手としては、報告中は...

さらに「声を発して聞き手に伝えることはモノづくりと同じ。

自分の作品で人々の幸せにつながれば良いと思います」(聞き手・古川教授)

今、カキの養殖を始めていますが、これが産業になり、ここ浜島町にもにぎやかさが戻ってきてほしいです」(聞き手・古川教授) ...

そして、少しずつ他地域へと輪を広げ、農家にもプラスになる新商品を開発しようと思っています」(聞き手・古川教授) &#...

つまりミスコミュニケーション(受け手と送り手の認識の相違)の原因の一つには、言葉にひも付いたコンテンツの復元方法が、話し手と聞き手の脳で異なることにあるのではないだろうか。... しか...

新規性や進捗(しんちょく)性を盛り込んでも、事業上の価値など聞き手にメリットがないとスルーされる。

そして、地域の人が仕事を終えた後に夕ご飯を持って帰れるような職場をつくりたいです」(聞き手・古川教授) &...

「聞き手は上司でもいいし、キャリアカウンセラーでもいい。... 聞き手は相手に正解を与えないことが大切。

無理せず、お客さまが喜んでくれれば良いと思っています」(聞き手・古川教授) ...

聞き手は製造、建設、小売、運送など多様な業種の経営者。

後はきっかけをいかにして与えるかということだと思います」(聞き手・古川教授) ...

これからももっと地域の魅力を伝えていきたいと考えています」(聞き手・古川教授) ...

自分の夢としては、生き物を少しでも増やしていって、漁師さんたちがそれを漁獲して、安定した生活を送れるようになってほしいと思っています」(聞き手・古川教授) ...

聞き手は長寿企業経営の第一線の研究者で同社にも詳しく、ファミリービジネス学会会長、100年経営の会(事務局=日刊工業新聞社)顧問も務める、曽根秀一静岡文化芸術大学教授。 ...

聞き手に合わせて伝えること重要 ―「話す力」は自分の意図を通す術ではなく、相手の立場を考えて伝えることだと本書では強調しています。 ... コミュニケーションにおけ...

これからODYSSEYを立ち上げ、共同代表の成澤みく氏と共に子どもたちの感覚教育を進めようとしています」(聞き手・古川教授) ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン