360件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

例えば、「自動運転バスの走行」と「オンラインによる遠隔診療」などが考えられますね。

CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)や、MaaS(乗り物のサービス化)といった自動車、モビリティー、社会全体に価値を認めてもらうプレーヤーを目指す」 ―新型コロナ...

輝け!スタートアップ(32)トライポッドワークス (2020/3/12 中小・ベンチャー・中小政策)

自動運転技術やカーシェアリングの普及に従い、各事業者が車両の状態や運用状況を把握し、サービスやメンテナンスを行う必要がある。... 同社や子会社が手がけるIoTやバス運行サービス、データ分析などで連携...

【さいたま】西武バス(埼玉県所沢市)と群馬大学は、自動運転技術の社会実装にかかる共同研究契約を結んだ。... 2020年度内に自動運転の走行実験に関する検討を行う。 契約を踏まえ、両...

埼玉県川口市は、SBドライブ(東京都港区)などとさいたま新産業拠点「SKIPシティ」と埼玉高速鉄道鳩ヶ谷駅前の広場で往復約3.4キロメートルを走行する自動運転バスの実証実験を行っている。... 川口市...

経済産業省は25日、「第11回自動走行ビジネス検討会」を開き、自動運転の社会実装に向けたロードマップ案を示した。バスやトラックなど商用車の自動運転ビジネスに関する道筋を提案し、有識者と時期や場所、運行...

これを機に自動運転やロボットの開発、地域の課題解決に向けた技術の実証を加速する。... 「先端モビリティ」ではデンソーが約200メートルのテストコースや車両整備場を備え、自動運転技術の試作開発や実証を...

自動運転バスの実証運行や人材育成などを行う近未来技術等社会実装事業には、同約3倍の1億3183万円を計上した。

ジェイテクトと愛知製鋼は、JR東日本などと共同で自動運転バスの公開実証試験を行った。... 気仙沼線BRT柳津駅から陸前横山駅までの4・8キロメートルの区間で、大型自動運転バスを走行させた。... ま...

限定エリア内で5G回線を経由しデータを送受信しながら自動運転シャトルバスを運行する。現在はスタッフが車両に乗車し実証実験をサポートしているが、将来は限定区域を運転者の操作なしで走る自動運転レベル4や完...

人手不足対策 幅広く提案 丸紅とZMP(東京都文京区)の合弁会社であるAiROは、2020年度中にも一定条件下で運転をシステムに任せる「レベル3」環境下での自動運転バスの実用化を目指...

2019年下期の新社長 (2020/2/3 下期の新社長)

俊治氏は会長も兼務 マックスバリュ西日本           平尾健一  57  業績不振の経営責任を明確にするため ZOZO      沢田宏太...

「彩の国ビジネスアリーナ」開幕 680社・団体出展 (2020/1/30 中小企業・地域経済2)

CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)コーナーではマレリやクラリオンの展示のほか、埼玉工業大学が自動運転バスで同アリーナの外周を回る試乗会を実施した。

SBドライブ(東京都港区)は27日、マクニカ(横浜市港北区)と組んで、定時・定路線で運行する自動運転バスを4月をめどに茨城県境町で実用化すると発表した。自動運転レベル2に相当する。... 自治体による...

バス定刻運行支援のイメージ(小糸製作所の資料から) 小糸製作所は静岡県が実施する自動運転バスの実証実験...

自動運転ベンチャーのZMP(東京都文京区)の自律走行モビリティー「ロボカーウォーク」を使ったMaaS(乗り物のサービス化)の実証実験が東京・丸の内で行われている。... ZMPは東京空港交通(同中央区...

名古屋から日間賀島までの鉄道と船の乗り継ぎ、自動運転バス運行時間、シェアサイクル(共用自転車)の利用方法、観光などの情報を観光客にスマートフォンなどに提供し、移動サービスを体感してもらう。 &...

「日本は市場が安定している」と語るのは、三菱ふそうトラック・バス社長のハートムット・シックさん。... 同社は自動運転レベル2相当の安全機能を搭載した大型トラック「スーパーグレート」を19年10月に発...

FCVや自動運転車などの提供車両を通じて、小規模ながら次世代のモビリティー社会を提示する。... 今回の東京大会では例えばスペースの限られた停車場でバスが1台出発したら次を呼び込む「ジャストインタイム...

総合商社、クルマの新潮流つかむ (2020/1/3 国際・商社)

19年春にはカークラブのほか、国内高速バス大手で、移動マーケティング事業を手がけるウィラー(大阪市北区)のシンガポール子会社・ウィラーズ、シンガポール政府系テック企業であるシンガポールテクノロジーズエ...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる