3,095件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

主に日産がリードする分野としては、商品は中型車、技術は電動化と自動運転、地域は日本や米国、中国とする方向でルノー・三菱自との調整が進む。 ... コネクテッドや自動運転技術の進化に伴...

NTT・ゼンリン、3次元デジタル地図開発で提携 IT都市基盤 (2020/3/27 電機・電子部品・情報・通信1)

NTTとゼンリンは26日、スマートシティー(次世代環境都市)や自動運転の基盤となる高度地理空間情報データベースの開発に向け資本・業務提携すると発表した。... 例えば、スマートフォンやコネクテッドカー...

自動車業界では電動化や自動運転など新技術を巡り覇権争いが激化している。... 一方のトヨタも、自動運転など新分野で開発原資の確保が急務だ。... トヨタはこの1―2年、車に使う鋼材の調達におけるカイゼ...

「車内空間だけを考えていれば良かったが、インターネットがこれだけ発展すると車は外とつながっていく」と見据えるのは、タチエス社長の山本雄一郎さん。 ... 自動運転技術が進展した際に「...

実証では自動運転機能を搭載した箱形の電気自動車(EV)「eパレット」を走らせるほか、MaaS(乗り物のサービス化)や人工知能(AI)の開発を進める。 ... NTTの持つ通信やソフト...

自車の動作の修正で衝突を避けられるシナリオだけを自動検出できる。自動運転の安全性の研究が進むと期待される。 自動運転では「自車に問題があるような事故が起きないかを検査する」という要求...

ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)向けシステム、自動運転などを含む走行安全系などを中心に市場が拡大する見通し。 ... 個別のシステムとしては自動運転や先進運転支援システム(...

自動運転システムや先進運転支援システム(ADAS)などの高度化で、車メーカーによるエンジニアニーズの高まりに対応する。 ... 名古屋では車メーカーの長年の開発経験を持つエンジニアが...

車の電動化や自動運転、第5世代通信(5G)に使う基板、半導体向けに同社装置の需要が拡大中。

すでに社内表彰制度を拡充し、社員の士気を高める仕組みを導入した」 ―業界の新潮流「CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)」における強みは。 「特に...

同社は車用鍵部品を手がけており、電子錠などに対応してきた。 ... 自動運転が本格普及すれば、車のソフトに対するサイバー攻撃も対策を打つ必要がある。

先行する競合車と差別化を図り満を持しての投入となる。... 両車ともスライドドアには、片足を車体の下にかざすだけで、自動開閉する機能を付けた。安全面では高速道路の同一車線上で運転を支援する技術のほか、...

【シリコンバレー=時事】米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズとリフトは17日、新型コロナウイルス対策として、見知らぬ乗客同士が1台の車に乗り合わせるサービスを北米で停止した。... 一方、グーグ...

CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)やMaaS(乗り物のサービス化)といったトレンドが追い風だ。... ほとんどの車に標準装備されるようになったキーレスエントリーシステムを端緒に、...

車市場では足元は極めて厳しい状況だが、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)で言えば、自動運転と電動化の領域での成長が見込める。... 「『AEC−Q200』準拠の車載向けは自動運転...

ビー・エム・ダブリュー(クリスチャン・ヴィードマン社長、東京都千代田区、03・6259・8000)は12日、新型のスポーツ多目的車(SUV)「X5Mコンペティション=写真左」と「X6Mコンペティション...

例えば自動運転車や掃除ロボットで使われるSLAM(スラム)という技術を、天候や猫の邪魔などノイズがある環境下で動かし、実際の経験を学びに結びつける」 【略歴】よしかわ・ひろゆき 56...

輝け!スタートアップ(32)トライポッドワークス (2020/3/12 中小・ベンチャー・中小政策)

商用車向けIoTサービス提供 【車両状況把握】 トライポッドワークス(仙台市青葉区)は商用車向けIoT(モノのインターネット)サービス「ブルーコネクト」を展開する。...

「しばらく完全自動運転の実現は難しいだろう」と予測するのは、ホンダ系部品メーカーで自動車用シートを手がけるテイ・エステック社長の保田真成さん。 一方で、「2050年になれば完全自動運...

挑戦する企業/住友化学(10)CASE・5Gの先へ (2020/3/10 素材・医療・ヘルスケア)

液晶ポリマーなど広く・深く CASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化)と、第5世代通信(5G)。... 【多様な素材】 情報電子化学部門を担当する代表...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる