産業春秋/快適な空の旅、地上業務の改革から

(2024/3/13 05:00)

空港業務の改革は急務。二つの取り組みに空港の人手不足が浮き彫りになる。全日本空輸(ANA)は航空機の地上支援業務に必要な人員を減らすモデル実証を始める。日本空港ビルデングは空港ターミナルの課題解決へオープンイノベーション施設を開設した。

ANAは航空機の誘導や手荷物の搬送・積み下ろし業務など、中型機1機当たりにかかる人員の半減を目指す。2025年度中に羽田空港で実証実験を始め、2―3年後をめどに実用化する。

日本空港ビルデングは羽田イノベーションシティ内に空港を模した施設を設けた。32社・1団体・1大学とともに、ターミナルビルでの待ち時間のストレス緩和やシームレスな移動を可能にする環境を開発する。成果は羽田から各地の空港に展開する。

空港業務における人手不足は、旅客増が続いていたコロナ禍前から指摘されていた。さらにコロナ禍で航空需要が落ち込み、空港業務から離れた人もいる。国内線旅客が回復し訪日外国人客が戻ってくる中で、より深い問題になっている。

二つの取り組みには自動運転車やロボットなども導入し、業務を効率化させるという。空の旅も、地上での対応力が求められる時代になった。

(2024/3/13 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

幾何公差って、どない読むねん!

幾何公差って、どない読むねん!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン