電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

81件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

地域共生型再エネの導入や自然資本を維持・回復させる投資や、それを支える人材への投資などを拡大する。例えば排出をしない、自然を毀損しないといった環境価値を見える化することなどにより、環境価値を付加価値と...

セイコーエプソン、TNFD提言に賛同 (2024/6/27 電機・電子部品・情報・通信2)

セイコーエプソンは国際組織「自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)」が2023年9月に公表した情報開示提言への賛同を表明した。事業活動が自然資本や生物多様性と関連して、どのよう...

東京都は脱炭素化に向けた革新的なアイデアや技術を持つスタートアップを支援する「循環経済・自然資本等推進ファンド」を創設する。... ファンドを通じ、資源消費の最小化、廃棄物の発生抑止を目指すサーキュラ...

ネイチャーポジティブとは、社会や経済活動による自然生態系の損失を食い止め、回復に向かわせること。両社は、国際組織「自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)」に準じた企業や自治体の...

その新国富は「人工資本」「人的資本」「自然資本」の三つの資本から求める。... もちろん、工場の新設によって自然資本が減少する。... 人的資本や人工資本が多ければ、自然資本が極端に少なくても新国富は...

水や生物を資産と同じように捉えた「自然資本」の回復を国内総生産(GDP)と同様に重視するように提言。

水などの自然資本の過剰利用は、負の評価につながる。生物多様性に与える影響を考慮して、自然資本の利用を制約する動きも各国で広がりつつある。つまり、1・5度C目標の達成のために埋蔵化石燃料の採掘に制約が生...

ネイチャーポジティブ、生物多様性で企業連携 (2024/5/1 素材・建設・環境・エネルギー)

生物や水を資産と同じように捉えた「自然資本」という概念がある。... 自然資本の減少に対する危機意識を持つことで、企業の対応も明確になる。だが、自然資本は二酸化炭素(CO2)のような定...

また、企業経営においても、TNFD(自然関連財務情報開示タスクフォース)の流れもあいまって、生物の多様性や自然資本の重要性が高まっている。 ... 今般、民間などの活...

気候変動・循環経済・自然再興ー相互に連関 近年、環境政策相互の統合、特に、「気候変動」「循環経済(サーキュラーエコノミー)」「自然再興(ネ...

成長持続 問われる変革力 日本企業、無形資産に弱さ 東京証券取引所は、全上場企業に対して要請していた企業価値向上(「資本コストや株価を意識した経営の...

自然資本とは、その言葉通り「森林、土壌、水、大気、生物資源など、自然によって形成される資本」(環境省「平成26年版生物多様性白書」)であり、さまざまなサービスを社会に提供している。.....

日立造船、TNFD提言に賛同 (2024/1/22 機械・ロボット・航空機2)

日立造船は自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)フォーラムが2023年9月に公表した情報開示提言への賛同を表明した。... このうち自然資本との関わりが深い「資源の完全循環」「...

中期経営計画では自然資本を活用した持続可能性のある事業を推進しており、今回のスザノとの基本合意を通じて、環境に配慮した原燃料事業の強化を図る。

企業の自然配慮、データで説得力 大成建、建設事業の影響を定量評価 (2023/11/21 素材・建設・環境・エネルギー2)

大成建設は、建設事業が自然に与える影響を定量的に評価できる手法の開発に着手した。... 生物や水を資産と同じように捉えた「自然資本」の概念を用いて、開発による自然への影響を定量的に評価する。... 一...

エネルギーの安定供給と脱炭素の両立、世界人口が増える中での自然資本の水資源・食料の確保など、新中計で示した複雑な課題は短期間で解消されそうになく、横断的な事業創出力は商機となる。

建設事業全体の自然資本に与える影響を適切に把握・評価することによって、ネイチャーポジティブ実現に向けた取り組みを後押しする。自然資本評価の分野で多数の研究実績と知見を有する九州大学の馬奈木俊介教授の指...

環境省、「自然共生サイト」初認定122カ所 (2023/10/9 素材・建設・環境・エネルギー)

ネイチャーポジティブ(自然再生)に向けた社会変革を感じた」と手応えを語った。... 日本は自然公園など規制による保護地域が陸に20・5%あるため、残りの約10%分を民間...

再生可能な資材供給の拡大や気候変動と自然保護を踏まえた経済成長、自然資本会計の基準整備への提言などに取り組む。 ... 森林や水、生物資源などの自然資本について価値の適切な評価や手法...

過剰肥料の抑制や複数産品の輪作といった農家への指導を通じて、再生農業を手がける米リニューアル・リソーシズ・グループ(RRG、カリフォルニア州)の子会社に資本参画した。... 減耕起によ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン