378件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

立命館大学情報理工学部の野間春生教授らは、MEMS(微小電気機械システム)技術による超小型触覚センサーのロボットへの応用を進めるベンチャー「Con―Tact」(京都市上京区)を設立した。... 人に近...

だが、国内で使用する医師からは「視覚への依存度が高く触覚がうまく伝わらないほか、長い腕が干渉しやすい」という課題が挙がる。

見た目や色だけでなく「触覚(手触り)にもこだわった家具づくりが必要だ」という。

新エネルギー・産業技術総合開発機構技術戦略研究センター(NEDO―TSC)は、VR(仮想現実)技術や触覚再現技術などを用いて、よりリアリティーを高めるイノベーションが必要だと指摘する。

これまでにGaN(窒化ガリウム)半導体や、触覚センサーなどに使える導電性ゴムなどを事業化してきた。

現在は10社程度がネオプラグを利用し、アイトラッキングやリモートカメラ、触覚刺激などで商品を立ち上げている段階だ。

新東工業、6軸力覚センサー量産 月産能力1000台 (2020/6/1 自動車・機械・ロボット・航空機)

ロボットハンドの触覚用などに向けて、数年後に世界で年商50億円を目指す。

福島大と東電HD、廃炉技術開発で研究拠点 安全・着実に推進 (2020/4/27 建設・生活・環境・エネルギー)

特に、化学吸着材、測定計測、ロボットの触覚センサー、コンピューター解析、人工知能(AI)の分野を起点に研究を開始する。

AIスーツケースは位置情報を基に目的地までの最適ルートを探索したり、音声や触覚などで誘導したりする機能に加え、センサーなどのIoT情報から障害物を認識し避ける機能を実現する。

例えば医療や触覚を利用したエンターテインメント分野での事業化を見込んでおり、将来は自動車部品への応用も視野に入れている。

凸版印刷は、視覚と触覚で商品券やギフト券の本物を見分けられるムービングホログラムと凹版印刷技術(写真)を開発した。

同社は“触覚フィードバック”と呼ばれる機能をロボットに搭載する。

機械設計4月号/モーションコントロール技術の最新動向 (2020/3/9 機械・ロボット・航空機2)

また、ネットワークを用いた制御信号の伝送における通信遅延問題の解決手法、アプリケーションへのリアルハプティクス(力触覚を瞬時にデータ化しデジタルデータとして活用する技術)の実装を簡便にする汎用力触覚コ...

【発明大賞 本賞】 ■柔軟触覚センサー=タッチエンス(開発部・永野顕法氏) 光センサーとスポンジを組み合わせた柔らかい触覚センサー。

大成建、細胞培養システム試作 ピペットとシャーレ遠隔操作 (2020/2/28 建設・生活・環境・エネルギー)

大成建設は力触覚型遠隔操作システムを使い、細胞培養に使うピペット(液体分取器具)とシャーレを両手で遠隔操作できるシステムを試作した。

大阪大学大学院歯学研究科の古田貴寛講師らは、米ノースウェスタン大学と共同で、触覚情報が末梢(まっしょう)神経の活動に変換するとき、刺激を受け取る器官である神経終末受容器の役割分担を...

日鉄ソリュ、ドコモと5Gロボ開発 遠隔から診察 (2020/1/23 電機・電子部品・情報・通信1)

手触りなどの「力触覚」を感じながら操作できるため、軟らかい物や弾力がある物をつかめる。... 遠隔でも力触覚を操作者に伝送できる。

触覚関連では窓ガラスから入射する赤外線の低減を目的とした遮熱材が市場をけん引するとの見通しを立てた。

大村社長は起業を決めロボットの力触覚センサーに狙いを定めた。... 触覚センサーはまだまだ」と感じたためだ。

神戸市立工業高等専門学校の清水俊彦准教授らは、変形吸引式の万能グリッパーに疑似的な触覚をもたせることに成功した。... 触覚判定は処理が速く、カメラで撮影して確認する場合は死角が問題になった。 ...

おすすめコンテンツ

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2
―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2 ―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

設計の業務課題って、どない解決すんねん!
上司と部下のFAQ 設計工学編

設計の業務課題って、どない解決すんねん! 上司と部下のFAQ 設計工学編

単位操作を理解して生産性を向上! 
食品工場の生産技術

単位操作を理解して生産性を向上! 食品工場の生産技術

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版
平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版 平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる