電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

7件中、1ページ目 1〜7件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

「模倣学習の対応幅を広げるのが重要」と指摘するのは、埼玉大学准教授の辻俊明さん。

埼玉大学の辻俊明准教授は音で力覚を代替した。... 辻准教授は「音の前は力覚データを学習させていた。... それでも辻准教授は「研磨の自動化は市場が大きい。

埼玉大学の辻俊明准教授と筑波大学の境野翔准教授らは、失敗を模倣学習して修正するロボット技術を開発した。

ロボアームのずれ自動修正 埼玉大が制御技術 (2023/11/16 科学技術・大学2)

接触多い作業に提案 埼玉大学の辻俊明准教授と加藤泰大大学院生は、ロボットアームがずれてぶつかっても自動修正する制御技術を開発した。

6軸検出素子備えロボの制御不能防ぐ 【さいたま】埼玉大学工学部電気電子システム工学科の辻俊明准教授とワコーテック(富山県高岡市、岡田和廣社長、0766・2...

埼玉大学工学部の辻俊明准教授や尾形邦裕研究員らは、ワコー(埼玉県上尾市)と共同開発した力覚センサーを用いて、リハビリ歩行解析装置「FOVI―Bar」を完成させた。... ただ、転倒時に...

埼玉大学の辻俊明准教授らは、机をタッチセンサーのように使える技術を開発した。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン