13件中、1ページ目 1〜13件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

宮崎大学医学部の西頭英起教授らの研究グループは、老化や脳神経疾患などで起こる脳の萎縮と運動機能の低下に関する新たな仕組みを解明した。... 小胞体の膜分子が機能不全となり、コレステロール合成に関わる因...

上肢リハビリ装置と前腕回内回外リハビリ装置は、上肢の運動機能に障がいがある人向け。足首アシスト装置は足関節の運動機能低下により歩行が困難な人向けの製品となる。

コロナ禍で多くの高齢者は外出自粛を強いられ、運動機能低下や認知症発症の恐れが増している。

腹部膨満感は便秘やストレス、胃腸の運動機能低下、空気を飲み込むことで腸内にガスがたまるのが原因。

さらに神経細胞以外の腸や筋肉の細胞でEDEMを増加させると、老化に伴う運動機能低下が抑えられ、寿命延長の効果も見られた。

東京大学医科学研究所の山梨裕司教授らは、運動機能の低下や筋萎縮を引き起こす「筋萎縮性側索硬化症」(ALS)が、運動神経と骨格筋の接合部を増強する治療によって病態が改善し、延命効果をもたらすことを実証し...

島根大学医学部の橋本道男特任教授は、50人のモニターが1年間同玄米を摂取した結果、白米の摂取者と比べて骨密度低下の予防や改善などで効果があったと検証した。同志社大学大学院脳科学研究科の杉本八郎教授はマ...

国際医療福祉大学臨床医学研究センターの郭伸(かくしん)特任教授(東京大学講師)らは、筋力低下や筋萎縮を引き起こし数年で死に至る神経難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の治療薬の候補を発見した。... ...

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の副所長に、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、身体の運動機能低下を引き起こす難病、パーキンソン病を治療する研究に取り組んでいる高橋淳教授が就いた。

京都大学iPS細胞研究所の高橋淳教授、森実飛鳥助教らの研究グループは、手足の震えや身体の運動機能低下を引き起こす難病、パーキンソン病のiPS細胞(万能細胞)を使った治療で、患者自身の細胞を移植する「自...

メディビックグループは慢性心不全による運動機能の低下を改善する効果が見込める新薬候補化合物「RSR13」について、米バージニア・コモンウェルス大学から臨床開発データの提供を受ける契約を結んだ。... ...

協和発酵キリンは、パーキンソン病による運動機能低下の治療薬として開発中の「KW―6500」(一般名アポモルヒネ塩酸塩水和物)の臨床第3相試験の結果を公表した。それによると運動機能スコアの変化量について...

大日本住友製薬は犬消化管運動機能改善剤「プロナミド錠5ミリグラム(主成分モサプリドクエン酸塩)」を発売した。犬の胃・十二指腸の運動機能低下に伴う食欲不振や嘔吐(おうと)を改善する効果を持つ。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい消臭・脱臭の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい消臭・脱臭の本

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識
小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識 小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい環境発電の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい環境発電の本

はじめての現場改善

はじめての現場改善

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる