電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

209件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

さらに同社は運転データを収集して解析し、車載電池の寿命が延びるように運用を支援する。... サービスの導入前、事業者から燃料使用や整備費などのデータ提供を受け、事業所にも行く。... また、乗客が少な...

日野、運行管理を実証 ライドシェアサービス拡充 (2024/7/2 自動車・モビリティー)

運転手の走行状況を運行管理者が即時把握し、取得したデータを活用して運転手の業務効率化にもつなげる。... 車両7台に搭載したドラレコで精度の高い位置情報の測位や速度を算出し、急挙動を検知すると音声で運...

KINTO、安全運転者を証明記録 分散型台帳活用 (2024/6/13 自動車・モビリティー)

キントの実証実験ではトヨタ自動車のコネクテッド技術を活用し、サブスクリプション(定額制)サービスの車両から収集した運転データを分析する。... そのデータをブロックチェーン上に記録する...

安全運転や事故防止につなげる。 ... 車線逸脱やあおり運転を先進運転支援システム(ADAS)により検知し、ドライバーに通知・警告。... CLS独自のクラウド活用型...

KHネオケム、プラントの予兆診断 システム順次導入 (2024/4/17 素材・建設・環境・エネルギー1)

これまでに収集した過去のさまざまな運転データを生かし、数値などを基に未然に設備トラブルを防ぐなど、プラントの安定稼働につなげる。... KHネオケムは23年までに、さまざまな生産設備の運転データを収集...

また最大8台までの連結運転が可能。... 今回、20年4月から取り組んでいる実証試験で、顧客先での運転データの収集のほか、耐久性や信頼性の検証が進んだことから販売開始を決めた。

JERA、全火力デジタル化でコスト削減 運営支援・遠隔監視 (2024/3/21 素材・建設・環境・エネルギー)

自家発電向け外販 JERAは人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)を用いて、発電所の運転・保守作業を効率化させる「デジタル発電所」(...

ERPと連携させるとともに、図面などのエンジニアリングデータや設備の運転データと組み合わせることが可能になる。また保全やコストのデータについて共有や蓄積が容易になる。... 今後、蓄積したデータを活用...

コスモ、9割超す稼働率 製油所デジタル化推進 (2023/12/14 素材・建設・環境・エネルギー2)

点在する装置の運転データやフロー図、設計図などを見える化し、リアルタイムに運転状態を確認できる世界だ。 「エンジニアはデータを探す時間に忙殺される」ため、その作業を大幅に短縮化するの...

KINTOアンリミテッドは、装備や技術の追加を想定した専用の車両設計を取り入れ、ソフトウエアやハードウエアの更新、運転データ活用などを可能にするサービス。

部品供給を最適運転 NTN、通信機能付きコントローラー開発 (2023/11/28 機械・ロボット・航空機2)

新開発のコントローラーは、パーツフィーダーに取り付けて制御する駆動ユニットと、加工設備の制御盤に取り付けて駆動ユニットに運転条件の指令やフィーダーの運転データを送信する通信ユニットで構成する。... ...

横河電、ポーランドのゴミ焼却発電改善で成果 (2023/10/31 機械・ロボット・航空機2)

過去の運転データと熟練運転員の運転方法を解析したことで燃焼を安定化した。

新日本空調と空港施設、羽田SDプラントでCO2回収検証 (2023/7/24 機械・ロボット・航空機2)

新日本空調は同技術の実用化研究に取り組んでおり、今回、羽田SDプラントで汚泥をMFCに供給して連続運転を行い、運転データを取得する。

立ち上がるデジタル発電所 JERA、データ活用・最適運用 (2023/5/3 素材・建設・環境・エネルギー)

過去の運転データやベテランの知見を活用し、発電設備や電力市場のリアルタイムの状況を可視化して最適な運用を可能にするものだ。... 運転データに加え、発電設備や作業者のデータなどをすべてクラウド上に集積...

プラント制御、AIで高度に エンジ大手が差別化戦略 (2023/5/3 機械・ロボット・航空機)

2014年にGRCの前身のリモートサービスセンターを設立し、顧客のゴミ処理場の遠隔監視や操業データの蓄積を始めた。... 過去の運転データを与え、動作を確認する。さらにリアルタイムの操業データを与え、...

2023年末には温室効果ガス(GHG)排出量の削減といった目標を設定することで、コスト削減に資する最適な運転を提示する仕組みを導入。... プロセスデジタルツインは、実プラントの運転デ...

同社は福井県と連携し、専用機器でドライバーの運転データを取得。急ブレーキ、速度超過など危険運転が発生しているエリアを示した「福井県交通安全マップ」を作成し、事故の未然防止に向けた対策に取り組んでいる点...

画像認識精度は実機と同等 V―Drive Technologies(東京都江東区、宮地寿昌社長)とSUBARU(スバル)は、自動運転向けのシミ...

東北電、工場の生産設備異常を早期検知 来月から全国展開 (2023/3/6 建設・生活・環境・エネルギー)

各設備の過去の運転データから正常な運転状態をモデル化し、実稼働データと比較することにより、目視では確認できない、わずかな異常の兆候まで検知する。

日立ハイテクSOLなど、ゴミ焼却発電をAI制御 90日間運転に成功 (2023/2/10 電機・電子部品・情報・通信)

今回のAIは過去の運転データからプラント制御の学習モデルを構築。蒸気温度が目標値に到達するにはどのような温度変化をたどるのが最適か、制御則を導き出しながら運転する。 ... 運転中に...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン