電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

35件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

京都大学の野田進教授、森田遼平特定研究員、三菱電機の榎健太郎研究員らは、宇宙空間での衛星間通信などに応用するため、レーザーの純度の指標となる固有スペクトル線幅を1キロヘルツと極めて狭くしたフォトニック...

京都大学の野田進教授らは、直径3ミリメートルのフォトニック結晶レーザー(PCSEL)の連続動作での輝度を大型レーザーに匹敵する1平方センチメートル角当たり100万キ...

京都大学の井上卓也助教や野田進教授らは、パルス幅30ピコ秒(ピコは1兆分の1)未満で、2021年に発表した成果の4倍以上に相当するピーク出力80ワット超のレーザー発振に成功し...

高出力・精細なビームに 京都大学の野田進教授らは、フォトニック結晶を使ったレーザー(PCSEL)を研究する。... 野田教授は、「フォトニック結晶で設計できるのが我々...

京都大学の野田進教授と北陽電機(大阪市西区)、Doog(ドーグ、茨城県つくば市)らは、ガリウムヒ素(GaAs)系フォトニック結晶レー...

スタンレー電気と京都大学大学院工学研究科の野田進教授らのグループは、青色波長域で高出力・高品質のレーザー動作に成功した。

京都大学の野田進教授らは、青色の波長でワット級の出力を持ちながらビーム広がり角を0・2度以下に抑えた窒化ガリウム(GaN)系フォトニック結晶レーザーを開発した。

「1キロワット級の高品質半導体レーザーが完成したらすべて置き換えられる」とにやりと笑うのは、京都大学教授の野田進さん。

京都大学の野田進教授らは、100ワット―1キロワット級の光出力を持つ半導体レーザー光源の開発が可能となる設計指針を確立した。... 野田教授らはフォトニック結晶において面内を伝搬す...

【日本学士院賞】▽東京大学・武田晴人名誉教授(72)「日本経済の発展と財閥本社—持株会社と内部資本市場」▽理化学研究所・侯召民(こう・しょうみん)主任研究員(6...

京都大学工学研究科の野田進教授と井上卓也助教、浅野卓准教授ら研究グループは、高温で発光する熱輻射(ふくしゃ)による光源と太陽電池が一体化した熱光発電デバイスを開発した。

京都大学大学院工学研究科の野田進教授らの研究グループは、微細構造の「フォトニック結晶」を使ったレーザー光の反射で物体との距離を測る高機能センサー「LiDAR(ライダー)」を小型化した。

京都大学工学研究科の野田進教授らは、数十ピコ秒(ピコは1兆分の1)以下の極めて短時間に高強度の光を集中して出射できるフォトニック結晶レーザーを開発した。

「車の自動運転実現には、高度なLiDAR(光測距システム)が不可欠だ」と話すのは、京都大学教授の野田進さん。... 同結晶は野田さんの発明で、光を制御する微細構造だ。 ...

京都大学工学研究科の野田進教授らは、電気による制御と2次元的な出力方向の変化が可能な新しいフォトニック結晶レーザーチップを開発した。

自動走行実現へ一歩 京都大学工学研究科の野田進教授らは30日、北陽電機(大阪市西区)と、光の屈折を制御する微細構造「フォトニック結晶」を使ったレーザーを搭載し、光の反...

京都大学大学院工学研究科の野田進教授らは17日、独自構造の「2重格子フォトニック結晶」の共振器を使い、大面積の半導体レーザーの高輝度化に成功したと発表した。... 野田教授は、周期的な屈折率で光をさま...

京都市成長産業創造センター、21日に光学フォーラム (2018/2/8 中小企業・地域経済2)

光学分野の最新研究動向やビジネスについて、京都大学の野田進教授やナルックス(大阪府島本町)の北川清一郎社長が講演。

京都大学工学研究科の野田進教授らは、フォトニック結晶チップ上の微小点に保存した光を、制御光の照射により、別の離れた微小点へ瞬時に転送することに成功した。

京都大学の野田進教授らと浜松ホトニクスは最近、フォトニック結晶を使ったレーザーを世界で初めて開発した。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン