10件中、1ページ目 1〜10件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.029秒)

リケジョneo(130)三井化学・中原理紗さん (2021/1/18 ひと カイシャ 交差点)

熊本大学大学院自然科学研究科で錯体化学を勉強し、ウレタンとは全く違う研究でしたが、就職活動で会った先輩方が明るく、「一緒に働いたら楽しそう。... 最初に「こんなものができるだろう」と、化学構造や割合...

入学後は有機化学や物理化学などの基礎を学びました。... 大学院では錯体化学を専攻しました。

産業春秋/ハイリスク研究 (2017/12/21 総合1)

ただ専門分野は無機錯体化学で、その形状を作り出す技術を持たない。有機化学合成を専門とする友人の研究者に話すと「一緒にやろう。... 2016年には「分子機械の設計と合成」でノーベル化学賞を受賞した。

錯体化学、触媒化学、光学材料開発などを経て、少しずつ「つくるモノ」をサイズアップし、プリンテッドエレクトロニクスの研究に行き着く。

金属の周りに、配位子(中心原子に結合する化合物)が取り巻く低分子の錯体を研究する「錯体化学」は、化学の伝統的な分野の一つ。... (編集委員・山本佳世子) 【柔ら...

博士号取得まで在籍した東京都立大学(現首都大学東京)で錯体化学に、博士研究員として留学した米マサチューセッツ工科大学(MIT)ではナノ粒子の研究にそれぞれ取り組んだ。... 化学者はもともと新しいモノ...

日本学士院は、学術上の優れた論文や著書、研究業績に贈る2013年度日本学士院賞に、通常の物質では見られない性質を示す強相関電子材料という特殊材料を発見した、十倉好紀東京大学大学院工学系研究科教授(59...

【パラジウムも】 このような現状を踏まえ、金属リサイクル研究グループは工業用に使える新規抽出剤を開発するため、溶液・錯体化学といった基礎研究から、耐久性などの応用研究、そして企業との...

現在、これら新しい化学結合を用いて、新反応の開拓にも取り組んでいる。また、Rind基を用いた有機金属化学や錯体化学への展開も行っており、単離可能な有機銅化合物は有機合成化学分野へ、直線型二配位構造の鉄...

今回新たに加えたのは、生理学・医学分野で京大iPS細胞研究所長の山中教授、化学分野で北川進京大教授、経済学分野で清滝信宏米プリンストン大学教授の3人。 ... 錯体化学の権威である北川教授も、...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる