電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

602件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

長期目標の最終年である30年に向け、持続的に企業価値向上を図る」 ―設備投資、研究開発費のいずれも大幅に増やす計画です。

年齢を問わず投資の初心者層に対して、個々の目標や生活スタイル、リスク許容度に合わせて中長期的に資産形成を後押しする考えだ。... 顧客の属性に合わせた総合的な資産管理サービスを提供し、「株や債券、投資...

日立建機、部品再生事業加速 遠隔管理で交換・修理助言 (2024/3/28 機械・ロボット・航空機2)

日立建機はサーキュラーエコノミー(資源循環型ビジネスモデル)の実現を中長期目標に掲げており、部品再生事業は安定収益基盤だけでなく、環境対応の手段としても重要な役割を担いそうだ。

長期目標として35年度には、基礎利益で現在比約2倍の規模を目指す。

国の目標に合わせ、鳥栖市でも温室効果ガス(GHG)排出削減の短期目標として2030年度までに13年度比で46%削減を設定している。また、長期目標としては、国の長期目標と同様に、...

長期目標達成に向けた全体としての進捗(しんちょく)を評価する仕組みであるグローバル・ストックテイク(GST)も初めて実施された。

同社を含むソミックグループでは、2050年度までの長期目標の一つとして、サプライチェーン(供給網)を含めたCO2排出実質ゼロに取り組んでいる。

情報サービス各社、覇権争い DXコンサル強化加速 (2023/12/27 電機・電子部品・情報・通信)

22―24年12月期の3カ年中期経営計画を1年残しての交代となるが、名和社長は「社長を5年間務め、今中計で掲げた経営目標は定量的には前倒しで達成し、一段落した。長期目標の『ビジョン2030』の達成に向...

キリンホールディングス(HD)は経営の新たな柱に育成するヘルスサイエンス事業について、2027年12月期の売上高目標2000億円を24年12月期に前倒し達成できる見...

中長期目標として年80万台の生産体制を構築する。... セアトのリエラ副社長は「グループとして、自動車産業におけるスペインの地位向上が、同プログラムを進める上での主目標だ」と語った。

半導体関連事業に経営資源を重点配分することで、中長期で全社売上高に占める同関連事業の比率を現状の30%から40%に引き上げる計画だ。... 24年度以降、需要が期待できる」 &...

16日に都内で開いた会見で、柳沢氏は「4月始動の(3カ年の)『中計経営計画2025』と、(長期目標の)『2030グループビジョン』に向けて成長を加速するのが私の使命だ。...

50年の大阪府域での二酸化炭素(CO2)排出量実質ゼロなどの長期目標達成につながる環境先進技術の事業者や府民への周知を図るためPRし、技術開発や普及を促す。

モノづくり現場 生産革新・脱炭素社会への挑戦(1)総合車両製作所 (2023/10/18 素材・建設・環境・エネルギー2)

JR東日本グループは2050年度に二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロとする長期目標「ゼロカーボン・チャレンジ2050」を掲げており、車両の省エネルギー性能向上だけでなく、車両製造時の...

阪和興業、GHG排出量削減の中長期目標策定 (2023/10/4 素材・建設・環境・エネルギー2)

阪和興業は温室効果ガス(GHG)排出量を2030年度に国内スコープ1+2で21年度比34%削減、50年度に実質ゼロを実現する中長期目標を策定した。

電動化や知能化を進め、30年度に売上高を5兆5000億―6兆円にする長期目標も公表した。 アイシンは中長期で車の電動化に対応し、電動ユニットやブレーキ、車の統合制御などにより、22年...

「長期目標で掲げる売上高1000億円(23年3月期は861億円)の実現に向けた事業基盤の構築だ。... タイではサービス担当者を2人拡充したほか、今後はインドやベトナムの担当者も招いて...

井村 日立グループは世界で深刻化する環境課題と経営方針を踏まえ、「環境ビジョン」や環境長期目標「日立環境イノベーション2050」を策定し、脱炭素・CNの取り組みに力を注いでいる。

アマダ、山梨体制が発足 新中計アクセル、異次元の成長描く (2023/6/28 機械・ロボット・航空機1)

脱炭素や人手不足などの社会課題の解決に貢献する商品群でシェア拡大を図り、31年3月期に売上高5000億円を目標とする長期戦略にも着手する。... インタビュー 要...

三光合成、車部品設計拡充 第3の柱に (2023/6/27 自動車・モビリティー)

三光合成は28年5月期を最終年度とする中長期目標で、売上高営業利益率を10%(23年5月期予想は4・1%)に高める計画。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン