電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

33件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

閉鎖環境での共同生活で、朝の体操を提案するなどファイナリスト全員が最大限の力を発揮できるよう心がけた。

電動ショベルも水素燃料電池ショベルもエンジンショベルと違って排ガスを出さず、騒音も小さいため都市部や閉鎖環境の工事に向く。

財務分析(124)ACSL ドローン、海外開拓カギ (2023/8/17 マネジメント)

新興ベンチャーで売り上げが少ない上、小型空撮用や物流用、閉鎖環境点検用などドローンの機体設計や開発費用が重たかったためだ。

ACSL、米に販社設立 ドローン有望市場で拡販 (2023/2/23 機械・ロボット・航空機1)

同社は22年9月に米国で開かれたドローン見本市に小型空撮ドローンや閉鎖環境点検ドローン(写真)を出展、顧客から高評価を得た。

払込予定日は2月6日で、ACSLはこれらの資金により小型空撮や閉鎖環境点検など用途特化型飛行ロボット(ドローン)の機体開発や、インドや米国など海外市場拡大の運転資金に充てる。 ...

8日まで米ラスベガスで開かれた商業用ドローン展示会「コマーシャルUAVエキスポ」に、自社の小型空撮ドローン「SOTEN(蒼天)」と下水管など閉鎖環境点検ドローン「Fi4」を出展、来場者...

ACSL、国産「蒼天」など展示 来月開催ドローンサミット (2022/8/25 機械・ロボット・航空機2)

小型空撮用機体「SOTEN(蒼天)」、物流・点検・防災用機体「PF2―AE」、下水道管など閉鎖環境の点検に特化した「Fi4」の出展を予定。

温度、圧力、酸素(O2)、水など、人間の生命活動に必要な環境上の条件は、地上では地球がその制御の多くを担っている。一方、国際宇宙ステーション(ISS)や宇宙船といった有...

ACSL、25年12月期売上高100億円へ ドローン投資回収の好機 (2022/1/31 機械・ロボット・航空機1)

ドローン市場では空撮、下水道などの閉鎖環境点検、煙突点検、物流の4分野がまずは拡大するとみている。 空撮市場と閉鎖環境点検市場向けでは専用ドローンを開発済み。.....

資生堂はロシア科学アカデミー(RAS)などと閉鎖環境におけるストレス評価の共同研究を始めた。... 月や火星への有人宇宙探査に向けて、長時間の閉鎖環境における生活が宇宙飛行士の心身に与...

ACSL、国産ドローン製品サイト公開 (2021/12/7 機械・ロボット・航空機2)

防災・災害仕様ドローンや風力発電機点検ドローン、閉鎖環境点検ドローン、物流用ドローンなど、用途別にカスタマイズした機体の製品情報やスペックを記載している。

ACSL、ドローンで風力発電点検 強風に耐える機体投入 (2021/8/20 機械・ロボット・航空機)

同社はこれ以外に、下水道など閉鎖環境点検ドローンや、電力会社の煙突点検ドローン、小型空撮ドローン、物流用ドローンなども開発中で、21年9月から22年にかけて相次いで発売予定。

NJSと自律制御システム研、下水道点検で新会社 (2021/5/3 機械・ロボット・航空機)

今後、点検需要が伸びるとみて下水道管路向け閉鎖環境点検ドローンを開発した。

【環境対応】 自律制御システム研究所は、煙突点検ドローンや閉鎖環境点検ドローンに加え、環境対応で成長が見込める風力発電機点検ドローンの販売拡大にも力を入れる。

大手スーパー、スタートアップ協業 野菜製造小売モデル構築 (2020/12/22 建設・生活・環境・エネルギー2)

完全閉鎖環境下で生育を制御しながら野菜を栽培し、販売までのサプライチェーン(供給網)を構築する。... 植物の生育状況を可視化し、育成状況に合わせた環境に継続して改善するため、通常より...

新型コロナウイルス感染症による渡航制限を踏まえ、19年に行った米アリゾナ州の閉鎖環境施設での合宿から内容を変更した。... アリゾナ州の閉鎖環境施設「バイオスフィア2」は内部に人工の熱帯雨林と海洋、砂...

産業春秋/心の「免疫力」 (2020/5/26 総合1)

急な環境変化に適応できず、過剰なストレス状態に陥ってしまうそうだ。 ... 国際宇宙ステーションは、究極の閉鎖環境の中で冷静な判断と正確な作業が要求される。

日本スピンドル、混練機の新工場 IoTで受注増 (2019/9/3 機械・ロボット・航空機1)

日本スピンドルはこうした顧客に対し、混練状態を常時監視して省人化でき、閉鎖環境で安全に加工できる製品を提案。

早産児は衛生的に保たれた閉鎖環境でさまざまな菌と接触する機会が少ないことが要因の一つとされる。

アリゾナ大の閉鎖環境施設「バイオスフィア2(B2)」を利用する。... 分刻みの予定で、植物の小規模生態系の観察や環境の維持管理など隔離空間内での課題をこなす。... 約1万3000平...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン