161件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

日本から英国への自動車・鉄道部品などの関税が即時撤廃され、乗用車も段階的に引き下げ2026年にゼロになる。 英国から日本への輸出品目で、最後まで交渉が難航したのが、スティルトンなどの...

英国にとって米国は最大の貿易相手国で、関税引き下げなどを通じて取引の拡大を目指す。

米中貿易協議「第1段階の合意」後も関税が残るほか、一部新興国が減速することが要因。... IMFは昨年、米中間の関税合戦を想定し、20年の世界全体のGDP(総生産)が0・8%押し下げられると試算した。...

(総合1参照) 米最大の農業団体、全米農業連盟は、かつて米農産物の市場として世界最大だった中国は報復関税の導入後、5位に転落したと説明。... 一方、全米小売業協...

イオンリテールは9日、日米貿易協定発効による米国産牛肉の輸入関税引き下げを受け、定番2品目を2月末まで値下げすると発表した。... 会見した釼持彰イオンリテール商品企画本部畜産商品部長は「人気の定番商...

同協定は、日本が米国産の牛肉や豚肉などの関税を環太平洋連携協定(TPP)の水準まで引き下げ、米国は日本製工業品などの関税を撤廃・削減するのが柱。... 立憲民主党など主要野党は、米国が自動車・同部品の...

政府は「関税撤廃が前提だ」という。しかし「承認案には自動車の関税撤廃に関し『さらに交渉する』とあるだけで『関税撤廃を約束した』という解釈は成り立たない」との指摘もある。 もし政府の解...

関税引き下げにより所得や投資が増えて生産性や賃金が上昇し、雇用は28万人増加すると試算した。 試算は暫定値で、継続協議となった自動車や自動車部品の2・5%の関税撤廃を前提に算出した。

ジェトロ、15日に台湾で商談会 (2019/10/10 国際・商社)

台湾では、7月に食品15品目の関税引き下げを実施。日本酒の関税率は、40%から20%に半減した。

日本から輸出する自動車・同部品への追加関税という最悪の事態が回避されたことを評価したい。... 日本にとって最大の関心事といえる自動車分野については、米国が日本から輸入する乗用車(関税率2・5%)や小...

日本は農産物の関税引き下げと引き換えに、自動車分野では米国側の関税引き下げを狙う。

米政権は環太平洋連携協定(TPP)加盟国より競争力が弱まった牛肉など農産物の関税引き下げを要望。一方の日本は自動車・部品の関税撤廃を米国側が認めない限り、要求には応じない構えだ。 ....

関税の引き下げに関して妥協点を探り合う。... 日米で争点の一つが農産物の関税引き下げ。... 米国は中国が譲歩しなければ、ほぼ全ての中国輸入品に追加関税する「制裁第4弾」を発動する意向で、事態が悪化...

安倍政権、外交で正念場 (2019/7/22 総合1)

2020年の大統領選を控えるトランプ米大統領は農産品の関税撤廃をはじめ、目に見える成果の発出を急いでいる。... 米国は環太平洋経済連携協定(TPP)から離脱して以降、相対的に競争力が低下する農産品の...

米国は日本との貿易協定交渉に関し不均衡の是正を訴え、農産品の関税引き下げを求めており、引き続き事務レベルでの交渉で合意点を探っていくことになる。... 約3800品目を対象に追加関税を課す準備も始めて...

ただ米国は対中国への追加関税の制裁で強硬姿勢を崩しておらず、参院選後には大統領選を見据えて対日交渉で圧力を強めてくることが想定される。 21日に開かれた日米の事務レベルでの貿易交渉で...

追加関税は通商拡大法232条を根拠とし、安全保障上の脅威を理由に輸入品に制裁関税を発動できる。... 「少なくとも日本への追加関税は、単なる“脅し”との見方が強い。交渉では農産物の関税引き下げや対米投...

2020年の大統領選を前に貿易協議で一定の成果を上げたい米国が日本に対し、農業分野の関税引き下げなどを巡って厳しい要求を迫る可能性がある。... (1面参照) 【農業と車】 ...

つまり日本の対米農産品関税がTPP水準を上限とすることで合意されたわけではないし、米国が国防条項(232条)を発動して日本の自動車・同部品に追加関税を課さず、数量規制も実施しないと決めたわけでもない。...

日本国際問題研究所客員研究員(現代中国研究科)・津上俊哉 自由貿易体制 どう守るか 心配されてきた米中貿易戦争は、4月第1週に行われた交渉が進展したらしく、最後に残...

おすすめコンテンツ

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる