296件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

英国にとって米国は最大の貿易相手国で、関税引き下げなどを通じて取引の拡大を目指す。

きょうの動き (2020/2/14 総合3)

■政治・経済■ ◇参院本会議(10時) ◇雨宮日銀副総裁講演(19時、東証) ■産業・企業■ ◇決算=日本郵政、キリンHD、大塚HD、リクルートHD、クボタ、SOMPO...

米中貿易協議「第1段階の合意」後も関税が残るほか、一部新興国が減速することが要因。... IMFは昨年、米中間の関税合戦を想定し、20年の世界全体のGDP(総生産)が0・8%押し下げられると試算した。...

(総合1参照) 米最大の農業団体、全米農業連盟は、かつて米農産物の市場として世界最大だった中国は報復関税の導入後、5位に転落したと説明。... 一方、全米小売業協...

19年9月に先行して実施した第4弾の関税は2月中旬にも15%から半減するが、「第2弾合意」は11月の米大統領選後との見方がある。 ... 19年の「6―6.5%」から引き下げとなる。

イオンリテールは9日、日米貿易協定発効による米国産牛肉の輸入関税引き下げを受け、定番2品目を2月末まで値下げすると発表した。... 会見した釼持彰イオンリテール商品企画本部畜産商品部長は「人気の定番商...

同時に、9月1日から実施されている追加関税第4弾リストA(1200億ドル相当)に対する追加関税率は、従来の15%から半分の7・5%へと引き下げられる。これまでの交渉過程においても、追加関税発動の延期は...

23日には、中国が農産品など約850品目の関税の引き下げを発表したことを受けてダウ工業株30種平均が最高値を更新するなど、市場の楽観ムードは高まっている。

日本は環太平洋連携協定(TPP)で定めた水準内で農産物の関税を引き下げ、米国は工業品の関税を撤廃・削減する。... 小麦は最大15万トンの無関税輸入枠を新設する。... 早期の引き下げ・撤廃が課題だが...

同協定は、日本が米国産の牛肉や豚肉などの関税を環太平洋連携協定(TPP)の水準まで引き下げ、米国は日本製工業品などの関税を撤廃・削減するのが柱。... 立憲民主党など主要野党は、米国が自動車・同部品の...

政府は「関税撤廃が前提だ」という。しかし「承認案には自動車の関税撤廃に関し『さらに交渉する』とあるだけで『関税撤廃を約束した』という解釈は成り立たない」との指摘もある。 もし政府の解...

ただ今後は最難関の関税交渉が控えており、11月初旬の実質妥結に向けてヤマ場を迎える。... 最も重要な関税の撤廃・引き下げの項目については、2国間交渉において厳しいやりとりが待ち受ける。 &#...

関税引き下げにより所得や投資が増えて生産性や賃金が上昇し、雇用は28万人増加すると試算した。 試算は暫定値で、継続協議となった自動車や自動車部品の2・5%の関税撤廃を前提に算出した。

3カ月ごとに改定する予測の引き下げは5回連続。... IMFは米中の報復関税の応酬に伴うマクロ経済の影響は中国で顕著になると試算している。

ジェトロ、15日に台湾で商談会 (2019/10/10 国際・商社)

台湾では、7月に食品15品目の関税引き下げを実施。日本酒の関税率は、40%から20%に半減した。

さらに、9月の会合では2回連続での金利引き下げとなった。 ... 従って、追加関税拡大に伴う価格転嫁など、トランプ大統領の政策運営の副産物としてインフレ圧力が高まった場合、パウエル議...

日本は米国産牛肉・豚肉の関税を段階的に下げる一方、米国産米の無関税輸入枠を回避して農業の聖域を守った。また日本製工業品の関税撤廃・引き下げでも譲歩を引き出した。... 追加関税こそ回避したが、現状2・...

日本から輸出する自動車・同部品への追加関税という最悪の事態が回避されたことを評価したい。... 日本にとって最大の関心事といえる自動車分野については、米国が日本から輸入する乗用車(関税率2・5%)や小...

「関税の撤廃や引き下げを定めた譲許表などの作成作業を総がかりで進めている。

自由化までは、無関税枠を段階的に広げていく。 ... また、対象となる自動車の現地調達率を60%から50%に引き下げ。ハイブリッド車などについても無関税割り当てを設けて徐々に拡大して...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる