396件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

6月をめどに結果を公表し、今後の防災訓練や防災計画にも反映させる。 ... 行政の防災情報が町民にどう伝わったかを検証する。洗い出した課題をもとに、今後の防災・減災対策について町民と...

NTTデータ、デジタル力で防災・減災 (2020/3/20 電機・電子部品・情報・通信1)

NTTデータが防災・減災対策サービスを拡充している。避難情報の周知や防災連絡網の整備だけでなく、被害状況の把握やシミュレーションなど多角的なメニューを用意する。... 防災情報を配信する「減災コミュニ...

減災への取り組み加速 甚大な被害をもたらした東日本大震災の発生から9年。... 科学技術を活用した防災・減災対策への取り組みが進む。... 地震や津波を正しく評価することで、防災・減...

兵庫県尼崎市は、事業継続力強化支援の一環で減災対策ツール「企業のための減災ガイドBOOK」を作成した。... 尼崎市は2019年度に減災対策支援事業を立ち上げた。... 近い将来発生が予想される南海ト...

温暖化対策も、循環型・分散型社会の実現ももっとできる素地があるんです。... 気候変動対策を織り込んでいない企業には投融資せず、逆に再エネに積極的な企業にはどんどんお金を流しましょうという時代で、日本...

企業と大学が交流して防災関連商品の開発を促進し、防災産業クラスターを形成する事業に1332万円を計上した。 一般会計は前年度当初予算比3・2%減の1兆2197億円。起業・創業に加え、...

今後、企業はニューリスクへの対策・対応が重要であり、損害保険も社会の変容に応じて進化していくことが求められる。 ... 傘下の団体には防災だけではなく、サイバー攻撃対策や健康経営のノ...

日本防災産業会議/防災・減災に企業の力結集を (2020/2/11 モノづくり日本会議)

防災・減災に向け、地震をはじめ自然災害への日頃の備え、さらに災害発生後の早急かつ的確な対応がより重要となっています。... 減災・レジリエンスの重要性を改めて認識するとともに、防災対策をさらに進化させ...

また、激甚化する災害をにらんだ河川、道路、砂防などハード面の防災・減災対策として同10%増の819億円を計上。

【新潟】長岡技術科学大学は3日、東京電力ホールディングス(HD)と防災・減災に関する共同研究プロジェクト設立に向けた包括連携協定を結んだ。4月に「自然災害対策技術」など五つのプロジェクトを始める。.....

東京五輪・パラリンピック開催を地域活性化につなげる事業、防災・減災対策、スマートシティー(次世代環境都市)の取り組み加速を注力テーマと位置付け、重点配分した。 ... 防災・減災対策...

今後は改良復旧など国との協議を進めながら対応し、防災・減災対策に重点を置いた20年度の予算編成を行う。... こうした点は企業へのアピールになると期待している」 【記者の目/人手不足...

国土交通省は21日、全局が参加する防災・減災対策本部を立ち上げ、初会合を開いた。近年頻発する大規模災害に対し、国民目線で組織の縦割りを排除した抜本的、総合的な防災・減災対策をつくるのが狙い。「総力戦で...

調印式に立ち会った経済産業省・中小企業庁の前田泰宏長官は「協議会のリーダーシップの下、関係団体などと防災に対する万全な準備を求めたい。... 中小企業の事前の防災・減災対策に関する計画を経産相が認定し...

想定外の自然災害が起こることを前提にした対策が重要だ。... 慶応義塾大学の山口真吾准教授が、フェイスブックやLINEといった会員制交流サイト(SNS)で被災者から災害情報を集め、人工知能(AI)で情...

【ハードとソフト】 兵庫港の企業間組織は減災計画を策定し、行政とも一体となり計画を実行する。神戸市港湾局ポートセールス課の堀寛規推進担当係長は「ハードとソフト両面で防災体制の充実が欠...

自然災害―データで立ち向かう IT活用“想定”広げる (2020/1/14 電機・電子部品・情報・通信2)

豪雪対策だけではない。... NTTデータは「減災コミュニケーションシステム」を提供する。... 「東京五輪・パラリンピックの後は災害対策が最も重要になる」と強調する。

最新の技術や社会要請が反映されており、コネクテッドインダストリー(デジタルと融合したモノづくり)、スマート農林水産業、防災・減災、海洋プラスチックゴミ対策、ESG(環境・社会・企業統治)投資などが登場...

国土交通省は、近年甚大化する水災害に対して、治水・防災部局とまちづくり部局が連携して防災・減災対策に取り組む。防災部局は堤防整備などの緊急対策を立ち上げ対応している。... 防災部局は水管理・国土保全...

野村総研、山形県鶴岡市とデジタル化で協力 (2020/1/7 電機・電子部品・情報・通信1)

デジタル技術を活用した街づくりによって、農業の生産性向上やバイオ産業振興を中心とする鶴岡市の自立的な経済成長の実現と、中山間地域における交通利便性の向上、市民の健康増進や防災・減災対策の充実など、安心...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる