24件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

防衛省は2020年版の防衛白書で、中国の軍事動向を「力を背景とした一方的な現状変更の試みを執拗に継続している」と、記述した。「執拗に」という言葉は今回の白書で初めて加えられた表現だ。... 河野太郎防...

防衛省は2020年版の「防衛白書」を発行した。... 北朝鮮についてはミサイル関連技術を高度化し、わが国ミサイル防衛網の突破を企図していると分析。

2020年版防衛白書は、1970年(昭45)の中曽根康弘防衛庁長官(当時)時代に初めて刊行してから50周年となる。... 最先端技術を活用する新領域については、白書が回を重ねるごとに記述の厚みが増して...

防衛省は自衛隊での飛行ロボット(ドローン)の配備機数を、2020年度末までに計201機体制に引き上げる。... 19年の防衛白書は、人員が進入困難な箇所や方向から地上部隊がドローン...

産業春秋/関心の高い順 (2019/10/1 総合1)

9月27日に閣議了承した2019年版防衛白書の話題のひとつが“順番”。... 例年なら7―8月にまとまる白書が大幅に遅れた理由のひとつは、韓国が日本との軍事情報包括保護協定を打ち切るかどうかを見極めた...

防衛省は2019年版の防衛白書をまとめた。サイバーや宇宙、電磁波攻撃など新領域の防衛の重要性を説いた新防衛大綱、新中期防衛力整備計画が策定されてから初の刊行になる。... 白書はこのほか、中国とロシア...

防衛省は28日の自民党の会議で、2019年版防衛白書の案を示した。... 軍事科学技術や、宇宙・サイバー・電磁波など陸海空にとらわれない新領域防衛の必要性も強調した。

「サイバー防衛隊」の人数を19年度に18年度比約1・5倍の約220人に増やす。... サイバー攻撃の手口は年々高度化、巧妙化しており、防衛省はサイバー防衛隊の人員を18年度比約70人増やす(約1・5倍...

28日に閣議報告した2018年版防衛白書は、周辺国の軍事活動の活発化が深刻になっている現状を強調した。... 昨年来、防衛省の信頼を失墜させた南スーダンやイラクの日報問題について、白書は巻末にまとめを...

小野寺五典防衛相は28日の閣議に、2018年版の防衛白書を報告した。... 白書では中国に対し、国際非難を無視した南沙諸島の埋め立てミサイル基地建設などを具体例に、力を背景にした現状変更の試みなど高圧...

産業春秋/自衛官不足の危機 (2017/8/9 総合1)

2017年版の防衛白書が8日、閣議報告された。... 陸上自衛隊の日報問題で稲田朋美防衛相と事務次官が辞任し、閣議報告の日程も延期になった防衛白書。... 何を誤ったのか、次の白書で分析してもらいたい...

きょうの動き (2017/8/8 総合3)

■政治・経済■ ◇6月と17年上期の国際収支(8時50分、財務省) ◇7月上中旬の貿易統計(8時50分、財務省) ◇7月の貸出・預金動向(8時50分、日銀) ◇7月の景...

THIS WEEK (2017/8/7 総合2)

今週の予定 7日 月 先負 ■政治・経済 ▽世耕経産相が内外情勢調査会で講演(都内) ▽副大臣・政務官人事&...

産業春秋/日本らしい防衛 (2016/8/3 総合1)

安全保障関連法の施行後、初めてとなる2016年版の防衛白書が2日に閣議報告された。... 昨年10月に防衛装備庁が発足してから初の白書でもある。... 防衛省は政府予算の要求官庁でもあり、白書は要求圧...

政府の防衛白書は過去数年、アジア周辺の安全保障上の不安定要因の高まりを重点的に分析してきた。... 白書によれば、たとえば冷戦終結後に減少した航空自衛隊の緊急発進の回数は03年を底に増加。... 戦後...

中谷元防衛相は21日午前の閣議で、2015年版防衛白書を報告した。白書は東シナ海や南シナ海で海洋進出を強める中国について、「既存の国際法秩序とは相いれない独自の主張に基づき、高圧的とも言える対応を継続...

政府は5日の閣議で、2014年版の防衛白書を決定した。刊行40回目となる今回は、自衛隊発足60周年であると同時に、従来の「武器輸出三原則」に代わる「防衛装備移転三原則」を閣議決定して最初の白書だ。.....

2012年版防衛白書「日本の防衛」が31日の閣議で了承された。日本の防衛力を支える「防衛生産・技術基盤」の維持・高度化が重要だと強調した。... 白書では防衛省での検討過程を解説している。

2日の閣議で2011年版防衛白書が了承された。... 白書では同盟・友好国との相互運用性、先端技術にアクセスしやすい利点に加えて、世界的に「装備品の高性能化を実現しつつ、コスト高騰に対応する」といった...

そこで、今回は、国際政治とも密接な関連を持つ日本の防衛について、日本の防衛力が、近隣諸国と比べ、どれ位ケタ違いの差(マイナス効果)があるか言及しておきたい。 ... ならば、日本と近...

おすすめコンテンツ

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる