電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

449件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

ニュース拡大鏡/シャープ、液晶大幅縮小 経営資源「選択と集中」 (2024/5/15 電機・電子部品・情報・通信1)

液晶・電子デバイス事業は継続的な投資が必要だが、シャープが台湾・鴻海精密工業の傘下に入ってからは十分な投資ができておらず、成長分野の開拓が進まない“負のサイクル”に陥っていた。 .....

12年に台湾・鴻海精密工業グループの出資を受け入れ、連結対象から外したが、22年にシャープが買い戻し完全子会社となっていた。

シャープは経営不振に陥っていた12年に、台湾・鴻海精密工業グループの出資を受け入れ、SDPを連結対象から外した。

シャープは12年に、経営負担を減らすためSDPに台湾・鴻海精密工業グループの出資を受け入れ連結対象から外したが、22年6月に海外ファンドから株式を買い戻し、完全子会社化した。

経営ひと言/ダイナブック・熊谷明執行役員「両面で顧客支援」 (2024/3/15 電機・電子部品・情報・通信)

鴻海精密工業傘下、台湾イングラシス製のAIサーバーを国内市場に展開する計画。

ダイナブックはシャープの親会社、鴻海精密工業傘下の台湾イングラシスが製造するAIサーバーを日本で販売し保守を手がける計画。

陳副社長は現在策定中の次期中期経営計画について盛り込む内容を一部明かし、ブランド事業の成長戦略や、親会社である台湾・鴻海精密工業との連携協力の可能性とともに、あらためてディスプレービジネスの構造改革を...

シャープの通期、一転当期赤字に下方修正 ディスプレー市況低調 (2024/2/7 電機・電子部品・情報・通信1)

策定中の次期中期経営計画については「ブランド事業の成長戦略やディスプレービジネスの構造改革、台湾・鴻海精密工業との連携協力の可能性、堺工場(堺市堺区)の変革を盛り込む」(陳副社...

鴻海、インドで事業拡大計画 2400億円投資 (2023/12/4 電機・電子部品・情報・通信)

米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」を受託製造する台湾の鴻海精密工業は、建設プロジェクトに500億台湾ドル(約2400億円)を追加投資する形でイン...

台湾フォックスコン、巨額納税発生の噂を否定 (2023/11/8 電機・電子部品・情報・通信2)

台湾の鴻海精密工業傘下の富士康科技集団(フォックスコン)は、中国当局の税務調査に関連して1800億元(約246億ドル)の納税を求められているとのインターネット上のうわさ...

鴻海、25年にEV生産開始 インドかタイで年10万台 (2023/10/27 自動車・モビリティー)

台湾・鴻海精密工業は2025年からインドかタイで電気自動車(EV)の生産を始める。... 世界250社から部品を調達し鴻海などの拠点がある国で組み立てる。鴻海は電子...

鴻海、インドで半導体合弁解消 補助金承認遅れに懸念 (2023/7/13 電機・電子部品・情報・通信1)

【台湾、ベンガルール=ロイター時事】台湾の鴻海精密工業は、インドの複合企業ベダンタと進めていた半導体合弁計画から撤退したと発表した。... 関係者によると、インド政府による補助金承認の遅れを巡...

シャープは、台湾・鴻海精密工業傘下にあり「業界内で統合などの動きに加わることに対し、アレルギーを持つ企業も多いにある」(小宮シニアアナリスト)との声が上がる。

台湾・鴻海の1―3月期、利益が3四半期連続で市場予想下回る (2023/5/24 電機・電子部品・情報・通信2)

台湾の鴻海精密工業が発表した1―3月期(第1四半期)決算では、利益が3四半期連続で市場予想を下回った。... 鴻海が受託生産の大半を担う米アップルのスマートフォン「...

シャープ、AIなど6分野に注力 収益確保へ開発新機軸 (2023/4/26 電機・電子部品・情報・通信2)

赤字脱却のために親会社である台湾・鴻海精密工業からの追加出資を受ける可能性は現段階では低そうだ。呉社長は「鴻海は重要な株主」とした上で、「互いの経営資源は使っていきたいが、独立性を保ったままの関係とす...

中国・鄭州市の都市封鎖により台湾・鴻海精密工業の巨大工場が米アップルのスマートフォン「アイフォーン」減産を余儀なくされたことはまさに供給網リスクの象徴だ。

台湾・鴻海精密工業や中国・小米(シャオミ)など異業種の電気自動車(EV)参入が相次ぐ中、1月にはソニーグループがEV商用化に取り組む方針を発表した。

シャープの親会社である鴻海精密工業の子会社2社(フォックスコンインターコネクトテクノロジーシンガポールとフォックスコンOEテクノロジーズシンガポール)から、SDTCが残りのFIT株を取...

巨額投資が裏目に出てシャープの経営悪化を招き、台湾・鴻海精密工業グループとの共同運営に切り替え、再子会社化まで連結対象から外していたが、シャープは6月にSDPを買い戻した。

日中50年/電機業界、深まる分業関係 調達リスクで距離感模索 (2022/9/28 電機・電子部品・情報・通信)

10年代にはシャープが台湾の鴻海精密工業に買収され、東芝が白物家電事業を中国の美的集団に売却するなど、日本の家電産業も縮小。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン