115件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

韓国・サムスン電子や同SKハイニックスは中国国内に工場を構えており、今後原材料調達が滞れば半導体生産に支障が出かねない。

SKハイニックスは19年内にもNAND型フラッシュメモリーなどの製造に使うフッ化水素の代替調達を始める。

DRAM世界大手の米マイクロン・テクノロジーや韓国SKハイニックスが20年にかけて設備投資を抑える方針を示すなど、先行きへの懸念は消えない。

キオクシアHD、“船長不在”異例の船出 IPOなど課題山積 (2019/10/1 電機・電子部品・情報・通信1)

今後は米中貿易摩擦に加えて、ライバルのサムスンや韓国・SKハイニックスを直撃する日本による対韓国輸出管理厳格化も市場環境の波乱要因となる。

【慎重姿勢強める】 DRAM世界首位の韓国・サムスン電子や同SKハイニックス、米マイクロン・テクノロジーは米中摩擦の激化を見越して、早くから設備投資を抑制する動きを見せていた。

対韓輸出規制/日韓、地力の差露見 国産化に疑問符 (2019/7/29 電機・電子部品・情報・通信)

経済産業省による1日の措置発表以降、韓国のサムスン電子やSKハイニックスが他国製のフッ化水素の性能試験に着手した。

韓国のサムスン電子やSKハイニックスは一部材料については最大4カ月分の在庫を確保しているが、規制対象となる材料は大半を日本に依存する。

韓国経済新聞は匿名の業界関係者の話を基に、サムスンとSKハイニックスが需要低迷と日本の輸出規制強化を受けて段階的に生産を削減する計画だと報道。... SKハイニックスの担当者は報道についてコメントを控...

アップルなどの米IT4社と韓国SKハイニックスも融資や、議決権を持たない優先株の形で資金拠出している。

半導体製造装置の投資額、世界で4年連続成長 米SEMI予測 (2018/6/14 電機・電子部品・情報・通信1)

両年とも約60%を米インテルや韓国SKハイニックスなど外資系企業が占める。

【北京=時事】中国メディアは2日、中国当局が独占禁止法違反の疑いで、韓国のサムスン電子とSKハイニックス、米マイクロン・テクノロジーの半導体大手3社の調査を始めたと報じた。

東芝メモリを買収する「日米韓連合」のメンバーでありながら、持ち分や協業範囲に制限のある韓国SKハイニックスからは、新たな協業の枠組みを警戒する気配もある。

東芝は2017年9月に米投資ファンドのベインキャピタルや韓国のSKハイニックスなどの日米韓連合に東芝メモリを売却する方針を決定。

日米韓連合には、ベインや韓国半導体大手SKハイニックスに加え、アップルなど米国企業が参画。

東芝、「東芝メモリ」株公開検討 売却中止も…月内に判断 (2018/5/14 電機・電子部品・情報・通信)

東芝メモリの売却先は米ベインキャピタルを軸に、韓国SKハイニックスなどで構成する「日米韓連合」。

しかし同じく韓国のSKハイニックスや米マイクロンといった、他の主力メーカーの増産に対する動きは鈍い。

日米韓連合は特別目的会社「パンゲア」を設立し、同社にベイン、東芝、HOYAが議決権を握る形で出資するほか、韓国SKハイニックス、アップルなど米企業4社も融資や議決権を持たない優先株で資金を拠出する。

NANDメモリーの勢力図は現在、独立で展開する韓国サムスン電子、同SKハイニックス、協業展開するマイクロン・インテル連合、東芝メモリ・WD連合の4勢力に別れている。

韓国SKハイニックスによる中国での工場増設に加え、韓国サムスン電子や米マイクロン・テクノロジーも増産を検討しているとみられる。

東芝は9月に「日米韓連合」への売却を決めたが韓国SKハイニックスの参画にWDが反発し対立が先鋭化していた。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる