[ ロボット ]

埼玉大とスペース・バイオ、足首に装着して歩行補助する超小型軽量ロボット開発

(2015/11/30 05:00)

【さいたま】埼玉大学大学院理工学研究科の田中英一郎准教授は、広島大学大学院医歯薬保健学研究院の弓削類教授、スペース・バイオ・ラボラトリーズ(広島市南区)と共同で、足首に装着して歩行を補助するロボット「RE―GAIT(リゲイト)」を開発した。ズボンの裾の中に収まる大きさと、片足で1キログラムという超小型軽量が特徴。2015年度中に発売する予定。税抜き価格は150万―200万円を想定し、年間300台の販売を見込む。

今まで腰や膝に装着するロボットは、10キログラム前後の大型モーターを搭載していたが、人間の生理現象や筋肉構造を活用し、大幅な軽量・小型化を実現した。片まひ患者や高齢者などが対象で、歩き方の改善にもつながるという。約3000万円投じて開発した。

つま先とかかとに設置した圧力センサーが歩行動作を感知し、超小型モーターを使ってロボットがかかとから地面に着くよう足首の補助を行う仕組み。...

(残り:282文字/本文:682文字)

(2015/11/30 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録 することでご覧いただけます。

ログインするとこんな内容・詳細が読めます

  • 小型・軽量にしたポイントは?/この歩行補助には人間のある筋肉構造を利用している。

Journagram→ Journagramとは

機械・ロボット・航空機2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン