[ 自動車・輸送機 ]

ホンダ、熊本の名の大型バイク発売へ−「ASO」開発

(2015/12/21 05:00)

造り手のプライドを形に

  • 「RC213V―S」の組み立て現場。熊本製作所では大型バイクのモノづくりの技術・ノウハウを蓄積している

  • 今年発売された伊ドゥカティの「1299パニガーレS」

ホンダは4年後をめどに、大型バイクの中心拠点のある熊本県内の地名「ASO(阿蘇)」を冠したバイクの発売を目指す。レース車の公道モデルなどで蓄積した究極の性能を引き出す技術やモノづくりのノウハウを同バイクに注ぎ込む。熊本発のブランド力を高める狙い。「造り手が誇りを持てるバイクにする」(同社幹部)とのことから、排気量1000cc前後の比較的高価格帯なモデルとなりそうだ。

(最終面に「深層断面」)

ホンダが「ASO」で意識するのは、イタリア2輪メーカーのドゥカティが本拠地のボルゴ・パニガーレ地区から名前をとった「パニガーレ」シリーズ。従来、ドゥカティのスーパーバイクの名称はエンジンサイズの数値が伝統だったが、3年前から「1199パニガーレ」とし、イタリア製のプライドを表現した。デザインやエンジン、...

(残り:317文字/本文:717文字)

(2015/12/21 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

ログインするとこんな内容・詳細が読めます

  • ホンダが熊本にちなんだ大型バイクのブランドを立ち上げる。その名も「ASO」。その狙いとは。

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!放電加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!放電加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門 <基礎知識><段取り><実作業>

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる