[ 自動車・輸送機 ]

大成プラスが新素材、車ボディー強度3倍−鉄+アルミ、内部にPP

(2016/1/18 05:00)

大成プラス(東京都中央区、大隅光悟朗社長、03・3243・1851)は、自動車ボディー素材として一般的な冷間圧延鋼板の3倍の強度を持つ新素材「新メタルサンド」を開発した。3次元形状にプレス加工した鉄板とアルミ板を重ねて、内部に発泡ポリプロピレン(PP)を射出成形した。表面にウレタンペーストを塗布してさらに強度を高めた。実証実験に入っており、年内の実用化を目指す。

新メタルサンドは、アルミ板と鉄板の表面に薬剤でナノメートル(ナノは10億分の1)の穴を無数に作るナノ・モールディング・テクノロジー(NMT)を施し、PPを射出成形して分子レベルで密着させた。

塗るペーストは米ライノライニングス製の「ポリウレア」。傷を防ぐ目的で、ピックアップ・トラックの荷台や4輪駆動車の車体に使われている。

大成プラスが実施した強度試験では、一般的に自動車に用いられる厚さ0・3ミリメートルの鉄板で荷重1200...

(残り:89文字/本文:489文字)

(2016/1/18 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

ログインするとこんな内容・詳細が読めます

  • 大成プラスは、自動車ボディーで一般的な冷間圧延鋼板の3倍の強度を持つ新素材を開発した。

PR

自動車のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる