[ 機械 ]

次世代金属3Dプリンター、来年度に販売−三菱重工などTRAFAM参加の3グループ

(2016/6/10 05:00)

次世代3D積層造形技術総合開発機構(TRAFAM、東京都中央区、前川篤理事長、03・6214・3211)は国家プロジェクトとして開発する次世代金属3Dプリンターを、2017年9月にも事業化する。量産版の投入は18年度末以降だが、試作版でも既に業界最高水準の性能を確保しニーズがあることから、販売を始める。

販売するのは三菱重工業、東芝と東芝機械、日本電子がそれぞれ開発する3機種になる見通し。各社が自社または子会社を通じて販売する。

いずれも開発が進捗(しんちょく)しており、前倒しで事業化する。価格は1億円程度。3機種で年間30台前後の販売を見込む。

3機種とも試作版の時点で造形速度が毎時250ccと高い性能を確保した。「この段階で買いたいというユーザーがいる」(TRAFAM)としている。18年度末までに完成予定の量産版ではさらに高速・高精度化し、価格も5000万円以下にする方針だ。

...

(残り:343文字/本文:743文字)

(2016/6/10 05:00)

PR

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 電気自動車メカニズムの基礎知識

わかる!使える!ばね入門
<基礎知識><設計・選定><勘どころ>

わかる!使える!ばね入門 <基礎知識><設計・選定><勘どころ>

本当は、ずっと愚かで、はるかに使えるAI
近未来 人工知能ロードマップ

本当は、ずっと愚かで、はるかに使えるAI 近未来 人工知能ロードマップ

おもしろサイエンス 
もの忘れと記憶の科学

おもしろサイエンス もの忘れと記憶の科学

SEのための小売・サービス向けIoTの知識と技術
この一冊で儲かるシステムを提案できる

SEのための小売・サービス向けIoTの知識と技術 この一冊で儲かるシステムを提案できる

わかる!使える!放電加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!放電加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる