[ 科学技術・大学 ]

自分の頭皮細胞から毛髪を再生-東京医科大など、年内に臨床研究

(2016/6/29 05:00)

東京医科大学皮膚科学分野の坪井良治主任教授らの研究グループは、東邦大学、資生堂と共同で、加齢に伴い薄毛になる症状「壮年性脱毛症」の患者の毛髪を細胞移植により再生する治療法の臨床研究を2016年中に始める。研究期間は3年間。細胞治療法の安全性や有効性を確かめ、実用化につなげる。研究に協力する被験者は男女約60人を計画している。

被験者の毛の生えている後頭部から、毛を生やす小器官「毛包」を含む直径数ミリメートルの頭皮を採取。同頭皮から毛髪の形成に関わる細胞「毛球部毛根鞘(もうきゅうぶもうこんしょう)細胞」だけを取り出し、細胞培養した上で、同じ被験者の脱毛部に移植する。

同治療法は頭皮を広範囲に切除する必要がなく、患者の体にかかる負担が少ない。育毛剤を毎日使う従来の治療法と比べて、一度の治療で効果が長続きするとみており、臨床研究で検証する。

頭皮の採取と細胞移植は、東京医科大学病院(東京都新宿区)と、東邦大学医療センター大橋病院(東京都目黒区)の2カ所で行う。細胞の培養は資生堂の細胞加工培養施設が担当する。

(2016/6/29 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる