[ その他 ]

機械設計9月号/機械材料の選定ポイントと事例

(2016/8/9 05:00)

日刊工業新聞社が10日に発売する月刊誌「機械設計9月号=写真」は、「高付加価値を実現する 機械材料の選定ポイントと事例」を特集する。機械設計者が材料を選定する際の基礎や留意点の解説に加え、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を採用して製品の軽量化を図った事例などを紹介する。

設計部門では素材高騰や環境規制などさまざまな原因で、機械材料の見直すケースが増えている。CFRPなどの高機能材料を有効活用し、製品の軽量化といった付加価値実現を目指す動きも高まっている。設計者は環境、安全、品質、コスト、納期などあらゆる観点から、材料を検討することが求められる。

特集では、建機アタッチメント部品にCFRPを採用して軽量化と静粛性向上に取り組んだ日本ニューマチック工業(大阪市東成区)、高強度プラスチック採用で軽量化・低価格化した案内要素部品を製作したヒーハイスト精工、主要部材を鉄からアルミに切り替えた軽量消火器「アルテシモ」を開発したモリタ宮田工業(東京都港区)などの事例を紹介する。

(2016/8/9 05:00)

関連リンク

機械・ロボット・航空機2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる