[ 科学技術・大学 ]

京大、特定方向に整列する超電導状態を発見

(2016/10/13 05:00)

京都大学大学院理学研究科の米澤進吾助教らは、液晶のような特定の向きに整列する超電導状態を発見した。超電導を引き起こす電導電子ペアの強さが、方向によって変化する「回転対称性の破れた超電導」を見つけたのは初めて。強さの方向を制御できれば、超電導デバイスの開発やトポロジカル超電導を利用する量子コンピューターの実現につながる。成果は英科学誌ネイチャーフィジクス電子版に掲載された。

研究グループは、銅を挿入したビスマス・セレン化合物超電導物質で、電導電子のペアが整列して特別な方向を生じさせていることを確認した。液晶ディスプレーに利用される液晶のネマティック状態と似ていることからこれを「ネマティック超電導」と名付けた。

この物質に対し、平行に磁場を回転させるとビスマスとセレンが三角形構造をなすため、比熱が磁場角度に60度周期の振動が期待される。しかし実験では180度周期を示すことが分かった。これにより三角形の辺の方向の一つで電導電子ペアの強さが弱まることが明らかになった。

(2016/10/13 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!3Dプリンター入門
<基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!3Dプリンター入門 <基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいブロックチェーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

公共IoT
地域を創るIoT投資

公共IoT 地域を創るIoT投資

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン