[ 科学技術・大学 ]

前後・左右の感覚が手に伝わる振動デバイス−筑波大、道案内・VRゲームに提案

(2016/12/30 05:00)

  • 開発した振動デバイス

筑波大学大学院システム情報工学研究科の岩田洋夫教授、矢野博明准教授、田辺健大学院生らは、手に持つと前後や左右の回転方向への力を感じることのできる振動デバイスを開発した。振動スピーカー二つを左右反対に固定したシンプルな構造で、実際には力は発生していない。方向の判別率はほぼ100%。手を引くような道案内システムやVR(仮想現実)ゲームなどに提案する。

開発したデバイスは前方向に力を提示する場合、前方向に素早く動き、ゆっくりと戻る振動をくり返す。人間の手が素早い動きを感じやすく、戻る動きは感じにくいため前方向に力を感じるように錯覚するという。

左回転方向に力を提示する場合は、右の振動スピーカーを前に、左の振動スピーカーを後ろに力を感じるように振動させる。デバイスを横向きに持てば前後進と左右への回転、縦に持てば前後進と上下への回転を提示できる。

力の感じ方を測ると、約0・5ニュートンの力を感じていた。一般的に力を発生させるには床や壁などに固定する必要があり、ジャイロ効果を使うと装置が重くなる課題があった。開発したデバイスは約100グラムと軽く、手に持つだけですむため屋外など広い場所での利用に向く。ゲームのコントローラーやVR体験での誘導などでの応用を考えている。

(2016/12/30 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2
―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2 ―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

設計の業務課題って、どない解決すんねん!
上司と部下のFAQ 設計工学編

設計の業務課題って、どない解決すんねん! 上司と部下のFAQ 設計工学編

単位操作を理解して生産性を向上! 
食品工場の生産技術

単位操作を理解して生産性を向上! 食品工場の生産技術

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版
平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版 平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる