INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 科学技術・大学 ]

前後・左右の感覚が手に伝わる振動デバイス−筑波大、道案内・VRゲームに提案

(2016/12/30 05:00)

  • 開発した振動デバイス

筑波大学大学院システム情報工学研究科の岩田洋夫教授、矢野博明准教授、田辺健大学院生らは、手に持つと前後や左右の回転方向への力を感じることのできる振動デバイスを開発した。振動スピーカー二つを左右反対に固定したシンプルな構造で、実際には力は発生していない。方向の判別率はほぼ100%。手を引くような道案内システムやVR(仮想現実)ゲームなどに提案する。

開発したデバイスは前方向に力を提示する場合、前方向に素早く動き、ゆっくりと戻る振動をくり返す。人間の手が素早い動きを感じやすく、戻る動きは感じにくいため前方向に力を感じるように錯覚するという。

左回転方向に力を提示する場合は、右の振動スピーカーを前に、左の振動スピーカーを後ろに力を感じるように振動させる。デバイスを横向きに持てば前後進と左右への回転、縦に持てば前後進と上下への回転を提示できる。

力の感じ方を測ると、約0・5ニュートンの力を感じていた。一般的に力を発生させるには床や壁などに固定する必要があり、ジャイロ効果を使うと装置が重くなる課題があった。開発したデバイスは約100グラムと軽く、手に持つだけですむため屋外など広い場所での利用に向く。ゲームのコントローラーやVR体験での誘導などでの応用を考えている。

(2016/12/30 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

トヨタ流品質管理に学ぶ! はじめての変化点管理

トヨタ流品質管理に学ぶ! はじめての変化点管理

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい洗浄の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい水素の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい水素の本 第2版

経営者は遊び心を持て
~空飛ぶ怪鳥・松本謙一の人間学~

経営者は遊び心を持て ~空飛ぶ怪鳥・松本謙一の人間学~

シリーズ環境ソリューション 企業総覧 
企業の環境部門担当者のための環境・エネルギーがサクッとわかる本

シリーズ環境ソリューション 企業総覧 企業の環境部門担当者のための環境・エネルギーがサクッとわかる本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい小売・流通の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい小売・流通の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン