[ 中小・ベンチャー ]

第59回十大新製品賞/中堅・中小企業賞−印南製作所「全自動ポスター巻き機」

(2017/1/27 05:00)

「外巻き」で手作業の10倍

  • 全自動ポスター巻き機の開発に携わった木村部長

舌を巻くほどの高効率―。携帯電話や家電、スーパー、外食など多店舗展開する企業は、新商品を販売促進するため、さまざまな種類の店舗掲示ポスターを何度も印刷して各店舗に発送する。ただ、ポスターに折り目が付いてしまうと価値が下がるため人手で巻いており、作業にかかる人件費と時間が課題だ。

これに対し、印南製作所(東京都足立区)の「全自動ポスター巻き機」は、A3サイズからB1サイズまでのポスターを毎時600枚のスピードで巻き取る。手作業の10倍という高速処理を提供し、作業時間の短縮と人件費の大幅削減を実現する。

開発したのは、大手電子商取引(EC)サイトからの依頼がきっかけ。容易に開発できると踏んだが、印南英一社長は「巻き取り方法で開発にあたった社員はかなり悩んだ」と振り返る。

手作業の場合、内側から外側に向かって巻くのが一般的だ。だがこれを機械化すると、キッチリ巻けない。そこで発想を転換し、外側から内側に巻くアイデアにたどり着いた。4本ロールを用いて巻き取る外側を固定し、内側は可動式仮芯棒を横から挿してガイドする機構を開発した。

給紙方法も課題だった。紙を垂直に吸い上げる機構だと、2枚取ってしまうことが度々あった。「吸盤の吸収力を弱める工夫もしたが、扱う紙質や大きさで変わる」と木村昌夫製造部部長。そこで給紙部の上側に順回転、下側に逆回転ローラーを設け、2枚取りを防ぐことに成功した。

これにより、最大500枚のポスターを給紙ユニットで確実に1枚ずつ送り出し、ポスターの末端2カ所に巻き留めテープを貼付した後、巻き込みユニットで直径35ミリメートル程度に巻き取ってテープ留めし、排出する一連の動作を完成。テープにはQRコードを印字し、巻いた後でもポスターの中身や配送先情報を確認できる。

潜在的なニーズを浮かび上がらせ、ニッチ市場を開拓した同製品。将来は海外展開も見据えている。

(茂木朝日)

【製品プロフィル】

手作業の10倍で毎時600枚のポスターを巻き取る業界初の全自動機械。ポスターを外側から内側へ巻く機構を考案。給紙部の上に順回転、下に逆回転ローラーを設け、2枚取り防止機構を搭載した。ポスター後端を自動検知し、巻き留めテープで貼付。テープの一方にQRコードを印刷できるようにしたことで、巻き取り後の内容を識別できる。

(2017/1/27 05:00)

関連リンク

中小企業・地域経済2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

幾何公差って、どない読むねん!

幾何公差って、どない読むねん!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン