[ 医療・健康・食品 ]

仏サノフィ、一部市販薬のイプセンへの売却で合意間近に

(2017/2/13 15:00)

(ブルームバーグ)フランスの医薬品メーカー、サノフィは市販薬の一部を同業の仏イプセンに売却することで合意が近い。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。サノフィはドイツのベーリンガーインゲルハイムと合意した228億ユーロ(約2兆7600億円)規模の事業交換の完了に近づいている。

この関係者によると、合意は13日にも公表される可能性がある。詳細が部外秘だとして匿名を条件に語った。ほぼ1億ユーロの売買と評価される公算が大きい。複数の製薬会社が応じた事業売却プロセスを経てイプセンが優先的な応札企業として浮上したと関係者は説明した。

W20グループでイプセンの広報業務を担当するエリオット・フォックス氏はコメントを控えた。パリに本社を置くサノフィの担当者に対し営業時間外にコメントを要請したが、今のところ返答はない。

欧州連合(EU)の欧州委員会は昨年8月、西・東欧の幾つかの国での事業資産売却を条件にサノフィがベーリンガーの消費者向け医療事業を買収する計画を承認。医師の処方箋なしで購入できるいわゆるOTC医薬品が、主な売却対象となっていた。サノフィは同年6月、OTC事業を強化するため非上場のベーリンガーと資産交換で合意した。

原題: Sanofi Said to Near Agreement to Sell Some OTC Drugs to Ipsen(抜粋)

(2017/2/13 15:00)

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる