INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 科学技術・大学 ]

筑波大、10万円と低コストな小型衛星管制システム開発 2軸制御機構内蔵

(2017/2/21 05:00)

筑波大学システム情報系の亀田敏弘准教授らは、IoT(モノのインターネット)技術を利用し、小型で持ち運び可能な衛星管制システム装置の試作機を開発した。装置にはXY軸の2軸制御機構を内蔵。衛星の方角に自動でアンテナが向き、衛星からの電波を受信できる。装置の材料費は10万円程度。低コストで小型の管制システム装置が世界中に広がれば、衛星数の増加に伴う地上局の不足の解消に貢献できる。

研究グループは超小型人工衛星「結2号」を開発しており、1月に国際宇宙ステーション(ISS)から地球周回軌道へ投入した。すでに電波の通信をはじめ、世界50カ所以上から衛星電波の受信報告を受けている。

研究グループはこの衛星を利用し、ブラジル・サンパウロ大学内にある筑波大のオフィスで、試作した衛星管制システム装置の実証実験を21日以降に行う予定だ。

大学や民間の宇宙開発により地球周回軌道に人工衛星が増えている。だが衛星から電波を地上で受けるための既存の管制局が足りないことが課題となっている。電波の受信に必要な管制システムのアンテナは直径が数メートルと大きく、システムの設置には5000万円程度のコストがかかる。

アマチュア用のアンテナでも最低で100万円程度かかると言われており、コストが大きな課題となっていた。低コストの管制システムの装置が広がることで、新しい衛星管制システムのネットワークの構築が期待される。

(2017/2/21 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

トヨタ流品質管理に学ぶ! はじめての変化点管理

トヨタ流品質管理に学ぶ! はじめての変化点管理

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい洗浄の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい水素の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい水素の本 第2版

経営者は遊び心を持て
~空飛ぶ怪鳥・松本謙一の人間学~

経営者は遊び心を持て ~空飛ぶ怪鳥・松本謙一の人間学~

シリーズ環境ソリューション 企業総覧 
企業の環境部門担当者のための環境・エネルギーがサクッとわかる本

シリーズ環境ソリューション 企業総覧 企業の環境部門担当者のための環境・エネルギーがサクッとわかる本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい小売・流通の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい小売・流通の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン