INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 中小・ベンチャー ]

日米ベンチャー4社で新型植物工場研究 紫色LEDで機能性野菜や根菜栽培

(2017/2/22 05:00)

  • 太陽光に近い波長を持つ紫色LEDを使う植物工場の実用化に挑む

リバネス(東京都新宿区、丸幸弘最高経営責任者、03・5227・4198)や米ソラー(カリフォルニア州)などベンチャー企業4社は、新型植物工場システムの開発に乗り出す。米ソラーが製造する太陽光に近い紫色発光ダイオード(LED)電球を使い、既存の植物工場では栽培が難しい特定栄養分を含む機能性植物などの栽培を研究し、新たな植物工場システムの実用化に挑む。基礎研究を経て国の助成金の獲得を目指す。

既存の植物工場の光源に使われる青色LEDに比べ紫色LEDは太陽光に近い波長を持つ。機能性植物は既存の青色LEDで栽培した場合、特定栄養分が含まれずに育つなどの課題があり、プロジェクトではより太陽光に近い環境で栽培の方法を探る。

さらに根菜類や穀類、果菜類など植物工場での栽培が難しい種類の生産も研究する。リバネスが運営する食と農の研究施設「アグリガレージ研究所」(東京都墨田区)に併設する植物工場で研究を進める。

プロジェクトでは、製品の安全と流通にかかわるアプリを開発するTDNインターナショナル(東京都板橋区)、農地のモニタリング機器を開発する米Kakaxi(カカシ、カリフォルニア州)も参加し、植物工場内でのアプリや機器の活用を検証する。実験データの取得のほか、植物工場用のIoT(モノのインターネット)デバイスの開発も視野に入れる。

(2017/2/22 05:00)

関連リンク

中小・ベンチャーのニュース一覧

おすすめコンテンツ

いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか!
取り残される日本のものづくり

いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか! 取り残される日本のものづくり

「酸素が見える!」楽しい理科授業
酸素センサ活用教本

「酸素が見える!」楽しい理科授業 酸素センサ活用教本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい土壌の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい土壌の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい3Dものづくりの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい3Dものづくりの本

IoTで変わるのは製造業だけじゃない
農業・医療・金融・サービス・教育分野で産まれる新ビジネス

IoTで変わるのは製造業だけじゃない 農業・医療・金融・サービス・教育分野で産まれる新ビジネス

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいクロスカップリング反応の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいクロスカップリング反応の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン