INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 科学技術・大学 ]

クロール泳ぎの水抵抗、速度の3乗に比例−筑波大など、定説覆す

(2017/2/22 05:00)

  • 回流水槽内で泳ぐ被験者の前後方向をワイヤで固定。ワイヤにかかる張力を基に抵抗を推定(筑波大学提供)

筑波大学体育系の高木英樹教授と東京工業大学工学院の中島求教授らは、遊泳中の泳者にかかる水の抵抗について、泳ぎ方を限定せずに推定する手法を開発した。筑波大の水泳部選手6人の協力を得て、クロールで泳ぐ際の抵抗力を調査。泳ぐ速さの2乗に比例して抵抗が増すとの従来の定説に対し、新手法による推定では速度の約3乗に比例して抵抗が増えるとの結果が出た。

今後、この推定法で背泳ぎや平泳ぎ、バタフライなど他の泳法の抵抗も測定。世界トップ級の選手のデータとの比較などを通じ、各種目の成績向上に役立てる。

成果は国際科学誌ジャーナル・オブ・バイオメカニクス電子版に掲載された。

遊泳中の抵抗を測る既存の測定法には、体を一直線に伸ばした姿勢時の測定や、足を使わずに腕だけでクロールの動きをした際の測定などがある。

ただ、泳法や泳ぐ速度に制限をかけずに抵抗を測定する手法は、確立されていないという。

新開発の推定法は水が回流する水槽を使い、被験者には前後方向を伸縮性のあるワイヤで固定した状態で泳いでもらう。

流速の変化に応じて前後のワイヤに生じる張力を基に抵抗力を推定する。

(2017/2/22 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

ノイズ対策を波動・振動の基礎から理解する!

ノイズ対策を波動・振動の基礎から理解する!

おもしろサイエンス 
温泉の科学

おもしろサイエンス 温泉の科学

大人が読みたいアインシュタインの話
エジソンの発明と相対性理論の意外な関係

大人が読みたいアインシュタインの話 エジソンの発明と相対性理論の意外な関係

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい水道管の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい水道管の本

続メカ屋のための脳科学入門
[記憶・学習/意識 編]

続メカ屋のための脳科学入門 [記憶・学習/意識 編]

技術大全シリーズ 
板金加工大全

技術大全シリーズ 板金加工大全

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン