[ 新製品 ]

SUBARU、次世代SUV投入

(2017/4/7 05:00)

SUBARU(スバル)は6日、2012年の発売以来初の全面改良となるスポーツ多目的車(SUV)「XV」を5月24日に発売すると発表した(写真)。新車台を採用した次世代スバル車の第2弾と位置づけるモデルで安全性能と操縦安定性能を高めたほかSUVならではの走破性と都市部での使い勝手の良さを両立させた。価格は消費税込みで213万84000円から。月販2200台を計画する。

「毎日をアクティブに楽しむパートナーとして、しびれるくらいいい車に仕上がった」。吉永泰之社長は都内で開いた会見で新型XVの完成度の高さをアピールした。XVは主力車「インプレッサ」の派生車種。排気量2000ccに加え新たに同1600ccのエンジン搭載モデルを設定し、都市部での利用シーンが多いユーザー層のニーズに応える。歩行者用エアバッグと運転支援システム「アイサイト」最新版を標準装備した。XVは3月9日に先行予約を開始し、これまでに約2800台の受注があったという。

またスバルは同日、国土交通省と自動車事故対策機構が実施した自動車アセスメント「JNCAP」において新型XVとインプレッサが過去最高得点を獲得し、16年度「衝突安全性能評価大賞」を受賞したと発表。吉永社長は世界的なSUV人気の高まりで競争が激しくなる中「圧倒的な安全性能の高さで勝負したい」と述べた。

(2017/4/7 05:00)

関連リンク

自動車のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン