[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】今度は車台で車運ぶ地下トンネル高速道構想、米テスラのマスクCEO(動画あり)

(2017/4/29 21:30)

  • TED2017で未来の高速交通システムについて話すイーロン・マスク氏(Bret Hartman / TED)

最近では人間の脳とコンピューターを融合させるインターフェース技術の研究開発を目的に、「ニューラリンク」(米サンフランシスコ)という新会社を3月に設立して世界を驚かせた米テスラのイーロン・マスクCEO。米国を代表する連続起業家が次にぶち上げたのは、ロサンゼルスといった大都市の地下に立体式のトンネル高速道路網を作り、交通渋滞を緩和するというアイデア。バンクーバーで開催されたプレゼンイベントのTED2017に28日出演し、CG映像でその概要を明らかにした。

地下トンネルはボーリング(The Boring Company)という新会社が手がけるもので、地上の道路に4輪の電動式車台(カー・スケート)を設置。その上に車が停止すると、車台ごとエレベーターで地下に降下し、地下トンネルの道路を車台に載ったまま高速で走行する。目的地に近づくと再びエレベーターで地上に運ばれ、到着後に車台から乗り出して車道に合流する仕組みだ。

車台の走行速度は最高時速200キロメートルとしており、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)のあるウエストウッドからロサンゼルス国際空港まで「わずか5、6分で行けるようになるだろう」(マスク氏)としている。

新しい交通システムをめぐっては、配車サービス大手の米ウーバー・テクノロジーズが空飛ぶクルマの試験飛行を3年以内に開始すると25日に発表したばかり。マスク氏はウーバーのプロジェクトにも触れ、「不安を和らげることにはならない。頭の上を車が飛び回るようなことになれば、ホイールキャップが落下して頭に当たるんじゃないか、と考えたりする」と言って批判した。

近未来の超高速交通システムでは、マスク氏が2013年8月に「ハイパーループ」構想を提唱。パイプラインのようにつながったチューブの中を減圧し、人間を乗せたカプセル(ポッド)が空中浮遊した状態で最高時速1200キロメートルで移動するアイデア。この構想に基づき、ハイパーループ・ワンや、ハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズ(HTT)といったベンチャー企業などが、車両開発やテスト用トラックでの走行試験に乗り出している。

一方、マスク氏は7月に登場する普及価格帯の電気自動車(EV)の「モデル3」について、自動運転機能の「オートパイロット」を搭載させることも明らかにした。その上で、テスラでは完全自動運転の完成に向けた技術開発が順調に進んでいると説明。年末までにはロサンゼルスからニューヨークまでの全行程を自動運転で走行し、米国横断を実現させるとしている。

【The Boring Companyが公開した映像】

(2017/4/29 21:30)

関連リンク

おすすめコンテンツ

設計者のための実践的「材料加工学」
材料と加工を知らなきゃ設計はできない

設計者のための実践的「材料加工学」 材料と加工を知らなきゃ設計はできない

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

IoTセキュリティ技術入門

IoTセキュリティ技術入門

設計検討って、どないすんねん! STEP2
設計環境の変化に合わせて最新の手法を活用した仮説検証型設計

設計検討って、どないすんねん! STEP2 設計環境の変化に合わせて最新の手法を活用した仮説検証型設計

BOMで実践!設計部門改革バイブル
中小・中堅製造業の生き残る道

BOMで実践!設計部門改革バイブル 中小・中堅製造業の生き残る道

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる