[ エレクトロニクス ]

ルネサス、特許出願時の報奨金を最大8倍強に引き上げ

(2017/5/1 05:00)

ルネサスエレクトロニクスは今夏に、特許出願時の報奨金を従来比で最大8倍強まで引き上げる。これまでは出願時の報奨金は数万円と少額で、特許が製品に使われなければ多額の報奨金は得られなかった。制度の改訂で研究者や技術者のモチベーションを高め、研究開発サイクルの好循環を生み出す。

国内技術者を対象とする。特許出願時に、その特許の実用可能性や潜在性などを評価し、その評価に応じた金額を支払う。

特許が製品に使われた場合も再度、報奨金が支払われる。ただ現制度における製品化に至った場合の報奨金の総額と、新制度における特許出願時と製品化時の合計額は同水準となる見通し。

ルネサスでは特許について、出願時、成立時、自社製品への採用時、他社製品の採用時に主に報奨が支払われる仕組みがある。このうち後者の2項目の比重が高くなっている。新制度の導入で、現場で開発などの中心を担う30―40代の現役社員に支払われる報奨金の割合を大幅に増やす。

一般的に特許を出願して成立した後、実際に製品に採用されるまでには、10―15年かかる。このためルネサスでは退職者に特許報奨が支払われるケースが多かった。

また出願した全ての特許が、製品などに採用されるわけではない。このため報奨制度が、現役社員のモチベーション向上に直結していなかった。

技術革新のスピードが速く、技術者の獲得競争が盛んな半導体業界において、研究開発の質・量の底上げは共通の課題となっている。ルネサスは報奨金が支払われる層の若返りを図り、研究者のモチベーション向上を狙う。これによって研究開発の好循環を生み出し、競争力を強化する。

(2017/5/1 05:00)

関連リンク

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる