INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 中小・ベンチャー ]

リナシメタリ、1プレスでねじり傘状の歯車成形 金型加熱装置で鍛造

(2017/5/12 05:00)

  • 一般的な鋼材(左)から高精度の歯車を鍛造

【福岡】リナシメタリ(福岡市中央区、中村克昭社長、092・716・7166)は1回のプレスでねじり傘状の歯車を成形する鍛造技術を開発した。金型を加熱し3軸のシリンダーを制御して鍛造する。自動車や航空機など輸送機器部品での活用が期待されるという。

リナシメタリは金型の加熱に自社開発した鍛造機向け金型加熱装置を使う。同装置は金型の温度を一定に保てる。プレスの時間は5秒程度。誤差は0・01ミリ―0・03ミリメートル程度という。材料には一般鋼材を利用することができる。

鍛造で金型を加熱することは従来から行われていた。だがバーナーを使う場合、金型の温度低下で加工する材料が収縮するなどして加工精度の低下につながることがあったという。さらに歯車など複雑形状の場合は切削や研削など複数工程が必要となり、生産性の向上が課題となっていた。

中村社長は「自社の保有技術である結晶粒微細化技術とも組み合わせることで高強度で長寿命な歯車の製造につなげていきたい」としている。

リナシメタリは受託開発業者。金型加熱技術の研究開発に約30年取り組んでいる。16年5月期の売上高は1億3000万円。

(2017/5/12 05:00)

関連リンク

中小・ベンチャーのニュース一覧

おすすめコンテンツ

必携「からくり設計」メカニズム定石集
-ゼロからはじめる簡易自動化-

必携「からくり設計」メカニズム定石集 -ゼロからはじめる簡易自動化-

技術大全シリーズ 
めっき大全

技術大全シリーズ めっき大全

バーチャル・エンジニアリング
―周回遅れする日本のものづくり―

バーチャル・エンジニアリング ―周回遅れする日本のものづくり―

「酸素が見える!」楽しい理科授業
酸素センサ活用教本

「酸素が見える!」楽しい理科授業 酸素センサ活用教本

いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか!
取り残される日本のものづくり

いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか! 取り残される日本のものづくり

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい土壌の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい土壌の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン