INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 科学技術・大学 ]

NTT、熱ノイズから電力生成−一方向の電子抽出

(2017/5/17 05:00)

NTTは16日、トランジスタ内でランダムな方向に動く電子(熱ノイズ)を観測し、一方向に動く熱ノイズをより分けて電流を流し、電力を発生させることに成功したと発表した。熱力学分野で長年パラドックスとして議論され、これまで実現が難しかった「マクスウェルの悪魔」の原理を利用して発電する。 英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版に掲載された。

トランジスタ内の電子1個の動きを観測し、その結果に基づいてトランジスタを操作する技術を開発。「マクスウェルの悪魔」を利用し、熱ノイズから電力を生成した。新たな高効率デバイスの実現につながる可能性がある。

熱ノイズは無秩序な電子の動きであり、電子の動きを平均化すると、どの方向にも動いていない。一方で、電流は一定の方向への電子の流れ。通常は、外部電源などを用いず、無秩序な熱ノイズから、電流という秩序性を持つ動きを生み出すことは不可能。

しかし、個々の電子の動きを観測し、一定の方向に動く電子のみを選び出すことができれば、電流を生成できる。

この電子を選び出す作業を行うのが、150年以上前に思考実験として提案された「マクスウェルの悪魔」と呼ばれる原理。だが、従来の実験は基本的な原理実証にとどまり、実現は困難だった。

(2017/5/17 05:00)

関連リンク

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかるSOLIDWORKS演習
-モデリングマスター編-<改訂第2版>

よくわかるSOLIDWORKS演習 -モデリングマスター編-<改訂第2版>

きちんと学ぶレベルアップ機械製図
-ベテラン設計者が教える基本から実践まで-

きちんと学ぶレベルアップ機械製図 -ベテラン設計者が教える基本から実践まで-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいバルブの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいバルブの本

実践 エンジニアリング・チェーン・マネジメント
-IoTで設計開発革新-

実践 エンジニアリング・チェーン・マネジメント -IoTで設計開発革新-

人間とロボットの法則

人間とロボットの法則

ディープラーニングがロボットを変える

ディープラーニングがロボットを変える

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

専門紙・海外ニュースヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン