[ 機械 ]

アマダHDが自社展、IoT活用の板金加工を提案

(2017/5/19 05:00)

アマダホールディングスは、19日からIoT(モノのインターネット)を使った最新の板金加工システムの提案を始める。アマダHDとユーザーをインターネットでつなぎ、故障を防ぐ保守、加工支援などを行うサービスだ。6月24日までの毎週金・土曜日に本社(神奈川県伊勢原市)で開く自社展示会「アマダイノベーションフェア(AIF)=写真」で披露する。

アマダHDが提唱する板金加工向けのIoTコンセプト「Vファクトリー」のサービスとして、2018年1月に国内投入する計画。同サービスでは、機械の不具合などによる生産停止を防ぐほか、災害など想定したデータのバックアップ、加工支援をする。

18日にAIF会場を報道陣に事前公開した。アマダHDの磯部任社長は「アマダのIoTを進化させた。“つながる”モノづくりでお客さまの利益の創造に貢献したい」と意気込んだ。

AIFでは板金機械、溶接機械やバンドソーやプレス機械などを含め約10機の新製品を出品。IoT関連ではプロジェクションマッピングを使って加工品を仕分けしやすくする自動棚を初公開する。板金加工機と周辺装置を融合させ、生産量を5倍以上にするシステムなども実演する。

(2017/5/19 05:00)

関連リンク

機械のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン