INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 機械 ]

ジェイテクト、欧州で車駆動部品の開発機能強化 EV普及に対応

(2017/5/19 05:00)

【ワーフェル(ベルギー)=杉本要】ジェイテクトは欧州で自動車の駆動部品の開発機能を強化する。約2億円を投じ、ベルギー工場を拡張。駆動用ギアや工作機械の研究開発専用スペースとし、2018年末までに順次稼働する。欧州車の電動化や将来の電気自動車(EV)普及に備え、駆動用部品の提案力を高める。

トルク感応型差動制限デフ装置「トルセン」を製造するベルギーのジェイテクト・トルセン・ヨーロッパ(JTRE)が隣接工場を取得。現工場を含む敷地面積を従来比約25%増の6万5500平方メートルに拡大した。拡張部分は主にトルセンの研究開発用スペースとする。

トルセンは車が曲がる際などにトルクをバランス良く配分し、車両姿勢を制御する装置。四輪駆動車(4WD)への搭載がほとんどだったが、高級車を中心に後輪駆動(FR)車や前輪駆動(FF)にも採用が広がっている。JTREはトルセンを年間約60万台製造しており、現在...

(残り:289文字/本文:689文字)

(2017/5/19 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。

  • 有料会員
    1ID月額4,000円+税で、電子版のすべての機能をご利用いただけます。

  • 無料会員
    有料会員限定記事を月11本まで閲覧できるなど、一部機能をご利用いただけます。

    PR

    機械のニュース一覧

    おすすめコンテンツ

    必携「からくり設計」メカニズム定石集
-ゼロからはじめる簡易自動化-

    必携「からくり設計」メカニズム定石集 -ゼロからはじめる簡易自動化-

    技術大全シリーズ 
めっき大全

    技術大全シリーズ めっき大全

    バーチャル・エンジニアリング
―周回遅れする日本のものづくり―

    バーチャル・エンジニアリング ―周回遅れする日本のものづくり―

    「酸素が見える!」楽しい理科授業
酸素センサ活用教本

    「酸素が見える!」楽しい理科授業 酸素センサ活用教本

    いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか!
取り残される日本のものづくり

    いま世界ではトヨタ生産方式がどのように進化しているのか! 取り残される日本のものづくり

    今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい土壌の本

    今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい土壌の本

    カレンダーから探す

    閲覧ランキング
    • 今日
    • 今週

    ソーシャルメディア

    日刊工業新聞社トピックス

    セミナースケジュール

    イベントスケジュール

    もっと見る

    PR

    おすすめの本・雑誌・DVD

    ↓もっと見る

    ニュースイッチ

    専門誌・海外ニュースヘッドライン

    専門誌

    ↓もっと見る

    海外ニュース

    ↓もっと見る

    大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

    日刊工業新聞社関連サイト・サービス

    マイクリップ機能は会員限定サービスです。

    有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

    会員登録/ログイン