[ 政治・経済 ]

韓国、ベトナムで投資件数・認可額が首位 中国シフト鮮明に

(2017/5/19 05:00)

ベトナム外国投資庁の発表を基に日本貿易振興機構(ジェトロ)がまとめた資料によると、2016年のベトナムの対内直接投資は、韓国が投資件数で4年連続、認可額では3年連続トップだった。日本は件数、認可額ともに2位。韓国は安全保障問題を巡って中国との関係が悪化。今後も韓国の投資先として、中国からベトナムシフトが加速するとみられる。

ジェトロの資料「通商弘報」によると、16年の韓国のベトナムへの投資件数は15年比22・7%増の1263件、認可額は同1・3%減の68億9600万ドル(約7800億円)だった。日本は件数で同20・8%増の574件、認可額で同39・2%増の25億1000万ドル(約2800億円)と、件数、認可額ともに前年比では伸びたものの、韓国と比べると、半分以下の規模にとどまった。

韓国はサムスン電子がベトナムの首都ハノイ市に3億ドル(約340億円)を投じて研究開発拠点の設置を決定。LGディスプレイがベトナム北部のハイフォン市にディスプレー製造工場(15億ドル)、LGイノテックが同市にカメラモジュール工場(5億5000万ドル)の建設を発表した。

日本総合研究所の向山英彦上席主任研究員によると、16年に韓国の輸出先上位10カ国のうち、ベトナムは4位、日本が5位だった。10年時点では日本が3位、ベトナムが9位だっただけに「韓国にとってベトナムの存在感が急速に高まっている」(向山氏)と指摘する。

(2017/5/19 05:00)

関連リンク

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!品質改善入門
<基礎知識><段取り><実践活動>

わかる!使える!品質改善入門 <基礎知識><段取り><実践活動>

熱設計を考慮したEMC設計の基礎知識

熱設計を考慮したEMC設計の基礎知識

未来の科学者との対話17
第17回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話17 第17回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

中小工場のためのIoT構築入門
低コストで簡単にシステムをつくる

中小工場のためのIoT構築入門 低コストで簡単にシステムをつくる

わかる!使える!工業塗装入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!工業塗装入門 <基礎知識><段取り><実作業>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン