[ ICT ]

【電子版】大規模サイバー攻撃、仏チームが「ワナクライ」復旧ツール公開

(2017/5/20 08:30)

  • ランサムウエア「ワナクライ」に乗っ取られたパソコンの画面(トレンドマイクロ提供)

世界各地で発生した大規模サイバー攻撃で、身代金を要求するウイルスに乗っ取られたパソコンのロックを解除し、暗号化されたファイルを復旧するツールが開発されたと欧米メディアが相次ぎ伝えた。このツールをテストした欧州刑事警察機構(ユーロポール)欧州サイバー犯罪センターも、「ある条件下でデータを復旧できることがわかった」とツイッターに書き込んだ。

「ワナキウィ(wanakiwi)」と名付けられた復旧ツールを開発したのはフランスのハッカーチーム。ソフトウエア共有サイトのギットハブで無料公開された。ただし、効果が確認されたパソコンはOSがウィンドウズXP、同7、同2003などで、ワナクライに感染してから再起動をかけていない機種に限られるという。

12日に発覚した大規模サイバー攻撃は、日本を含め、これまでに150カ国・地域で30万台以上のパソコンが感染したとされる。

身代金(ランサム)を要求するランサムウエアの「ワナクライ(WannaCry)」がパソコンを乗っ取り、内部のファイルを暗号化。その上で、仮想通貨ビットコインで300ドルから600ドルの支払いを求め、1週間以内に支払わないとパソコン内のファイルが永久に暗号化されたままになるという内容が画面に表示される。今回の復旧ツールは、その支払い期限が迫るギリギリのタイミングで公開された。

(2017/5/20 08:30)

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン