[ 化学・金属・繊維 ]

ユニチカ、3Dプリンター用感温性フィラメント開発−低温で形状変更可能

(2017/6/6 05:00)

  • ㊧3Dプリンターで造形した花 ㊨加熱して手で形状を変更し開花させた 

ユニチカは5日、材料押出型3Dプリンターで造形後も低温で温めるだけで形状を変更できる特殊ポリエステル樹脂の「3Dプリンター用“感温性”フィラメント」を開発したと発表した。体温やお風呂の温度などの安全な温度域で柔らかくできる。価格は検討中だが、同社が販売しているテラマック3Dプリンター用フィラメントの1・5倍程度と見られる。早期に年数トンの販売を目指す。

3Dプリンターで造形後、30度C強の加熱で自由に形状を変えることができる。形状が決まれば熱湯などで高温セットすることで硬化し、熱変形しなくなる。用途でフィギュアの関節部に角度調整が行えるように使用したり、現場でもすぐに修正可能な工業用治具などに応用を図る。

仕様は線径が1・75ミリメートル、ノズル温度が190―220度C、ベッド温度がOFF―45度C。

(2017/6/6 05:00)

関連リンク

素材・ヘルスケア・環境のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいスキンケア化粧品の本

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

2024年度版 技術士第一次試験「建設部門」専門科目受験必修過去問題集<解答と解説>

グリーンケミストリー

グリーンケミストリー

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

ゴム・プラスチック材料の原因別トラブル事例と対策

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン