[ ロボット ]

ドローンの位置、1cm単位で把握−Kudanがシステム開発

(2017/7/21 05:00)

独自の画像認識技術活用

Kudan(東京都新宿区、大野智弘CEO〈最高経営責任者〉、03・6273・9760)は、独自の3次元画像認識技術を飛行ロボット(ドローン)の制御に使ったシステムを開発した。スマートフォン内蔵カメラのような安価で簡素なカメラでも1ミリ―1センチメートル単位で自己の位置を把握して飛行できる。簡単に利用できる特徴を生かし工場やプラントの点検、物流など幅広い業種へ提案していく。

  • ドローンのカメラが捉えた画像。物体の形状の特徴を点で捉え、リアルタイムで周辺を認識している

自己位置特定と環境地図作成を同時に行う画像認識技術「SLAM」を活用した。カメラ画像を基に周囲の3次元マップを作り、リアルタイムで自己位置を特定する。Kudanは単眼カメラなどローエンドの機器でも高精度で位置特定できる技術を持つ。一般的なSLAMは深度センサーなど大がかりな機器が必要になる。

今回、建物内を飛行して点検などを行うドローンシステムを構築した。リアルタイムで周辺状況と自己位置を確認し飛行する。事前に登録した地図を使うケースと異なり、設備の変更や荷物の移動が頻繁にあっても円滑に飛行できる。

スマホカメラなら静止状態で1ミリメートル、ドローンのように動く場合は1センチメートルの誤差で自己位置を把握する。複数のカメラを組み合わせるステレオカメラを搭載すれば、静止状態で0・1ミリメートル、動く場合は1ミリメートル単位での把握が可能だ。

KudanはAR(拡張現実)やVR(仮想現実)に使う画像認識技術を得意とする。今後はロボット関連へ技術の応用を進める。

(2017/7/21 05:00)

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

眼科119番 第3版
一家に一冊・・・目の薬箱

眼科119番 第3版 一家に一冊・・・目の薬箱

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる